Memoir Of Pain/メモワール・オブ・ペイン(英題)

LA DOULEUR

2018年6月23日 15:00~ イオンシネマみなとみらい

激動の時代を生きた作家マルグリット・デュラスの愛と苦悩の物語。

監督:エマニュエル・フィンケル

出演:メラニー・ティエリー、ブノワ・マジメル、バンジャマン・ビオレ、グレゴワール・ルプランス=ランゲ

2017年 / フランス・ベルギー・スイス / フランス語 / 127分 配給:ハーク

2019年2月Bunkamura ル・シネマほか全国順次公開

1944年、ナチス占領下のパリ。若く優秀な作家マルグリットは、夫のロベール・アンテルムとともにレジスタンス運動のメンバーとして活動していた。ある日、夫がゲシュタポに逮捕される。マルグリットは夫を取り戻すために、ゲシュタポの手先であるラビエと危うい関係を築き情報を得る。愛する夫の長く耐えがたい不在はパリの解放後も続き、心も体もぼろぼろになりながらも夫の帰りを待つマルグリットだったが…。
近代フランスを代表する小説家マルグリット・デュラスの自伝的小説「苦悩」を基に描く壮大な愛の物語。

⇒チケット購入ページ(イオンシネマみなとみらい上映スケジュールページ)

©2017 LES FILMS DU POISSON – CINEFRANCE – FRANCE 3 CINEMA – VERSUS PRODUCTION – NEED PRODUCTIONS

スタッフ&キャスト

エマニュエル・フィンケル(監督)

1961年パリ近郊のブローニュ=ビヤンクール生まれ。

ベルトラン・タヴェルニエやクシシュトフ・キェシロフスキ、ジャン=リュック・ゴダールらの助監督を経て95年に監督デビュー。長編第一作『VOYAGES』はカンヌ国際映画祭<監督週間>に出品されユース賞を受賞したほか、セザール賞2部門など数多くの映画賞を受賞した。TVドキュメンタリー「EN MARGE DES JOURS」(07)ではビアリッツ国際テレビ映像フェスティバルのゴールデンFIPA賞(脚本賞)を受賞、『NULLE PART TERRE PROMISE』(08)では2度目のジャン・ヴィゴ賞に輝いた。2016年2月にフランスで公開された『正しい人間』(15)には、本作でデュラスを演じたメラニー・ティエリーと二コラ・デュヴォシェルが主演。商業的にも批評的にも成功し、アングレーム・フランス語映画祭の最優秀監督賞と主演男優賞を受賞した2017年に世界で初めて開催されたオンライン映画祭、第7回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルで上映されたのち、Amazon Primeでも配信中。

エマニュエル・フィンケル(監督)の写真

メラニー・ティエリー(主演)

1981年サン=ジェルマン=アン=レー生まれ。

子供時代からモデルとして活躍し、1999年に『海の上のピアニスト』で映画デビュー。同年に公開された『カジモド』で名を知られるようになり、2008年にはハリウッド映画『バビロン A.D.』、イギリスのTVドラマ『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』に出演。2010年の”Le Dernier pour la route”でセザール賞有望若手女優賞を獲得し、年齢を重ねるにつれて着実に演技の幅を広げている。近年ではマルグリット・デュラスの小説の映画化で高い評価を得た。

メラニー・ティエリー(主演)の写真
  1. 映画情報
  2. スケジュール

監督:エマニュエル・フィンケル

出演:メラニー・ティエリー、ブノワ・マジメル、バンジャマン・ビオレ、グレゴワール・ルプランス=ランゲ

2017年/フランス・ベルギー・スイス/フランス語/127分 配給:ハーク

2019年2月Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー

タイトル:Memoir Of Pain/メモワール・オブ・ペイン(英題)

原題:LA DOULEUR

上映日:2018年6月23日

上映開始時間:15:00~

上映時間:127分

上映会場:イオンシネマみなとみらい

関連記事一覧

  1. フランス映画祭2018
  2. 関連企画
  3. レポート
  4. See You Up There
  5. CUSTODY/カストディ
  6. ブラッディ・ミルク
  7. REVENGE リベンジ
  8. モカ色の車
  9. Memoir Of Pain/メモワール・オブ・ペイン(英題)
  10. マルヴィン、あるいは素晴らしい教育
  11. 子どもが教えてくれたこと
  12. 2重螺旋(らせん)の恋人
  13. 顔たち、ところどころ
  14. マスタークラス「フランス映画界を牽引する女優ナタリー・バイ」
  15. グッバイ・ゴダール!
  16. フランス映画祭2018
  17. マスタークラス「女性監督によるフレンチホラーの魅力」
  18. マスタークラス「フランス映画界を牽引する若手俳優がキャリアを語る」
  19. セルジュトゥビアナ
PAGE TOP