朝日新聞
フランス大使館・アンスティチュ
CNC
フランス大使館
フランス大使館
Procirep
ルノー
ラコステ
TitraFilm
エールフランス
TOHOシネマズ
スターチャンネル
最新情報
※イベントは事情により変更になる場合がございます。

Women in Motion「映画における女性像」イザベル・ユペールを迎えて

カメラの前や制作現場、映画業界の至る所で活躍する女性たちに光をあてる「Women in Motion」は2015年のカンヌ国際映画祭において、グローバル・ラグジュアリー・グループ、ケリングによって生まれました。
3年目となる今年、同活動の顔としてイザベル・ユペールが「Women in Motion」のポスターにも登場。フランス映画祭2017でも上映される主演作『エル ELLE』(ポール・ヴァーホーヴェン監督)でゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞し、アカデミー賞主演女優賞Ⓡにもノミネートされ、長年女優として第一線で活躍しているイザベル・ユペールが、自らが演じてきた女性像について語ります。
聞き手にはカンヌ国際映画祭をはじめ、国際的に評価の高い是枝裕和監督が登場します。

日時:2017年6月23日(金)20:15~(約45分)
会場:アンスティチュ・フランセ東京 2階 エスパス・イマージュ
共催:ケリング、ユニフランス
登壇者:イザベル・ユペール、是枝裕和監督
入場無料・同時通訳付き
開場:19時45分
6月23日(金)朝9 :30より、アンスティチュ・フランセ東京にて整理券を配布します。

◆イザベル・ユペール(Isabelle HUPPERT)
1953年3月16日フランス生まれ。
1972年『夕なぎ』で本格映画デビュー。ジャン=リュック・ゴダールなど数々の名だたる監督作に出演し、『天国の門』(’80)ではアメリカにも進出。フランスを基点に国際派女優としての道を歩む。『ピアニスト』(01)ではカンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞。近作では『未来よ こんにちは』(16)などがある。

◆是枝 裕和(Hirokazu KORE-EDA)
映画監督・テレビディレクター。早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。主にドキュメンタリー番組を演出。14 年に独立し、制作者集団「分福」を 立ち上げる。主な監督作品に、『誰も知らない』(04/カンヌ国際映画祭最優秀男優賞)、『歩いても 歩いても』(08)、連続ドラマ『ゴーイングマイホーム』(12)、『そして父になる』(13/カンヌ国際映画祭審査員賞)、『海街 diary』(15)、『海よりもまだ深く』(16)他。最新作『三度目の殺人』2017 年 9 月 9 日全国公開。

朝日新聞
フランス大使館・アンスティチュ
CNC
フランス大使館
フランス大使館
Procirep
ルノー
ラコステ
TitraFilm
エールフランス
TOHOシネマズ
スターチャンネル