朝日新聞
フランス大使館・アンスティチュ
CNC
フランス大使館
フランス大使館
Procirep
ルノー
ラコステ
TitraFilm
エールフランス
TOHOシネマズ
スターチャンネル
新作映画11本の中からエールフランス観客賞に選ばれたのは、『夜明けの祈り』。2017年8月5日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開です。・・・もっと読む
フランス映画祭2017 予告編
フレンチシネマに恋する4日間 in 有楽町
今年の映画祭の魅力をトリコロールカラーで鮮やかに飾りお届けします。


ルノー・ジャパン
ラコステ
6月25日(日)、有楽町朝日ホールにて『ポリーナ、私を踊る』が上映された。将来有望なバレリーナだったポリーナがコンテンポラリーダンスに出会い、挫折を経験しながらも自分の踊りを見つける成長を・・・もっと読む
6月25日(日)有楽町朝日ホールにて『エタニティ 永遠の花たちへ』が上映され、人気実力派女優たちの競演を観ようと、多くの観客が押し寄せた。上映後には、トラン・アン・ユン監督が登壇。「朝とい・・・もっと読む
6月24日(土)、TOHOシネマズ 日劇スクリーン3で『パリは今夜も開演中』が上映され、監督・脚本・主演を兼任したエドゥアール・ベールさんが上映前の舞台挨拶に登壇した。この作品は、パリの小・・・もっと読む
6月24日(土)、有楽町朝日ホールにて『夜明けの祈り』が上映された。上映後には、監督のアンヌ・フォンテーヌさんと主演女優のルー・ドゥ・ラージュさんがトークショーに登壇。ポーランドを舞台に第・・・もっと読む
6月24日(土)、有楽町朝日ホールにて『セザンヌと過ごした時間』が上映された。画家セザンヌと小説家ゾラの40年にわたる友情を描いた本作。上映後のトークショーにダニエル・トンプソン監督が登場・・・もっと読む
6月23日(金)、TOHOシネマズ 日劇スクリーン3にて『あさがくるまえに』が上映された。上映前には監督のカテル・キレヴェレさんによる舞台挨拶が行われ、本作の魅力が紹介された。キレヴェレ監・・・もっと読む
6月23日(金)、有楽町朝日ホールで『エル ELLE』が上映された。平日の午後にも関わらず、前売り券・当日券ともに早々に完売した注目作。上映後に、ポール・ヴァーホーヴェン監督とピンクのパス・・・もっと読む
6月22日(木)、東京・有楽町でフランス映画祭2017が開幕。TOHOシネマズ 日劇スクリーン1でオープニングセレモニーとオープニング作品『The Midwife(英題)』の上映が行なわれ・・・もっと読む
息子が出場するピアノコンクールの会場へ向かう、一見どこにでもいそうな親子3人。物語は、窓の外を見ていた妻ガブリエルが突然、血相を変えて車を降り、観客は夫婦の関係にただならぬ空気を感じるとこ・・・もっと読む
ベジタリアンのジュスティーヌは、姉のアレクシアが通う獣医学校へ進学。学生寮への入寮早々、上級生から手荒い歓迎を受け、新入生全員が通過儀礼としてウサギの内臓を食べることを強いられる。だが、こ・・・もっと読む
『愛を綴る女』のニコール・ガルシア監督ですが、体調不良のため、止むを得ず来日をキャンセルすることとなりました。そのため、予定しておりましたサイン会などもキャンセルとなります。来日を楽しみに・・・もっと読む
俳優デビューから60週年の節目の年に、先ごろ俳優業からの引退を宣言し、話題となっているアラン・ドロン。フランス映画祭では、そのアラン・ドロン主演のフレンチ・ノワールの金字塔『チェイサー』を・・・もっと読む
『ロダン カミ―ユと永遠のアトリエ』のジャック・ドワイヨン監督ですが、不慮の怪我により、止むを得ず来日をキャンセルすることとなりました。そのため、予定しておりましたマスタークラスやサイン会・・・もっと読む
フランス映画祭2017の団長として来日するフランスの国民的大女優、カトリーヌ・ドヌーヴを講師にお迎えして、マスタークラスを行います。 カトリーヌ・ドヌーヴは、戦後のフランス映画を代表する女・・・もっと読む
カメラの前や制作現場、映画業界の至る所で活躍する女性たちに光をあてる「Women in Motion」は2015年のカンヌ国際映画祭において、グローバル・ラグジュアリー・グループ、ケリング・・・もっと読む
俳優生活60周年記念特集上映「アラン・ドロンに魅せられて」がBunkamura ル・シネマで開催されます。『冒険者たち』『山猫』といった代表作をはじめ、『スワンの恋』『地下室のメロディー』・・・もっと読む
『エル ELLE』6月10日時点で前売券完売となりました。6月23日(金)10:30AMー13:30PMまで、有楽町朝日ホール11階入口受付窓口にて整理券を配布いたします。6月23日(金)・・・もっと読む
今年も6月にWOWOWシネマにて新旧のフランス映画13本を特集! フランス年間No.1ヒットとなった『最高の花婿』、アルノー・デプレシャン監督の『あの頃エッフェル塔の下で』、この放送が日本・・・もっと読む
今年もフランス映画祭では映画祭期間中に、来日ゲストによるサイン会を開催いたします。該当上映回の前売り券をご購入いただいたお客様は、ぜひご応募ください。 詳細はこちら・・・もっと読む
ジュリエット・ビノシュと共演した『待つ女たち(未)』や、オンライン映画祭「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」で配信されたメラニー・ロラン監督作『呼吸―友情と破壊(未)』などで活躍し・・・もっと読む
フランス映画祭2017で来日する豪華ゲストによる特別講義や対談を今年も企画しました。 今年のフランス映画祭2017で上映される『ロダン カミ―ユと永遠のアトリエ』のジャック・ドワイヨン監督・・・もっと読む
日本でも絶大な人気を誇る、永遠の美青年アラン・ドロン。彼の映画デビュー60周年となる今年、フランス映画祭2017では、映画専門チャンネル スターチャンネルが、70年代のフレンチ・ノワールの・・・もっと読む
映画大国フランスと世界各地を空の便でつなぐエールフランス航空と、フランス映画祭が今年もコラボレート。映画祭で上映する新作の中から1作に、ご来場いただいたお客様の声により決定する「エールフラ・・・もっと読む
先日発表した9作品に加え、個性豊かな3作品の上映が追加決定いたしました。 新作11作品とクラシック1作品の計12作品が上映されます。 まもなく開幕する第70回カンヌ国際映画祭コンペティショ・・・もっと読む
「フランス映画祭2017 団長」カトリーヌ・ドヌーヴ出演 1964年の幻の映像を日本初上映! 例年大好評のフランス映画祭の短編作品集を今年も米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画・・・もっと読む
25回目の節目を迎える今年の「フランス映画祭2017 親善大使」に、フランスとゆかりの深い北野武監督が決定。 北野監督は第52回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された『菊次郎の・・・もっと読む
アンスティチュ・フランセ東京では25 回目を迎えるフランス映画祭を記念し、歴代の人気作や話題作約10本を上映いたします。映画祭がたどってきた歴史を振り返ります。 日程:6月2日(金)~6月・・・もっと読む
先日発表したオープニング作品『The Midwife(英題)』の他に、「フランス映画祭2017」の9作品ラインナップを発表いたしました。 詳しくは上映作品へ! チケット情報も更新しました。・・・もっと読む
25回目という記念すべき年の団長として、フランスの国民的女優カトリーヌ・ドヌーヴの来日が決定いたしました!2007年以来、2度目の団長を務めます。 カトリーヌ・ドヌーヴ/Catherine・・・もっと読む
ぶつかり合い、認め合いながら、今を強く生きる2人の女達の物語。 フランスを代表する2大女優、カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロの豪華競演作! 実直な性格の助産師・クレール。父親の昔の愛・・・もっと読む
朝日新聞
フランス大使館・アンスティチュ
CNC
フランス大使館
フランス大使館
Procirep
ルノー
ラコステ
TitraFilm
エールフランス
TOHOシネマズ
スターチャンネル