レポート

【レビュー】『ミモザの島に消えた母』

どんな家族にも秘密はある。墓場まで持って行こうと決めた話の、1つや2つあって普通だ。ただ、そんな秘密の存在に、なんとなく気がついてしまったら? 最も親密であるはずの家族の記憶が真実でないとしたら、もたらされる喪失感は計り知れない。家族の秘密。それは小さいながらも、一番厄介なミステリーだ。

40歳のアントワン(ローラン・ラフィット)は、妻と別れ、思春期の娘との関係もぎくしゃくし、情緒不安定気味でセラピーに通っている。そうした心理的葛藤の根源が、子どもの頃に経験した母親との死別と、その死の話題をタブーとしている家族への薄ぼんやりした疑念にあることは、映画が始まって早々にわかる。

「ミモザの島」の別名を持つフランス西部の避暑地・ノアールムーティエ島がアントワンの故郷だ。満潮時は海底に沈む島と本土とを結ぶ一本道は、幻想的で美しいが、どこか恐ろしくもある。アントワンの母親は、30年前、その沿岸の海で謎の死を遂げていた。

10歳の少年が幼い心に抱いた違和感は、30年という年月をかけて澱のように沈殿し、さまざまな想像が触手のように頭に絡みついて彼を苦しめ続けている。アントワンは妹アガッタ(メラニー・ロラン)の協力を得ながら母親の死の真相を究明しようとするが、父親や継母、祖母、当時の使用人はみな、過去に触れることを避ける。

02_BOOMERANG_3_sub2子どもを侮ってはいけない。不穏な空気を敏感に察知する子どもの鋭い眼差しが家族の秘密の存在を問うたのであれば、その秘密を暴くカギをもたらすのもまた、子どもの存在だ。知らなくていいことも世の中にはあるーーどこで聞いたかなど思い出せないくらい、よく使われる言葉だが、果たして本当にそれでいいのだろうか? 子どもたちを思うがゆえ、大人が真実を隠し続けたことで、心から語り合うことのない偽りの平和を保ってきた家族の30年。それを取り戻すかのように、アントワンと2人の娘、そして遺体安置所で遺体修復師として働く恋人アンジェルは、過去も秘密もすべて共有し合い、あっという間に家族になる。その皮肉めいた構造が、作り手の答えを明確に打ち出していて面白い。

子どもも一個人として大事にするフランスの価値観や家族の在り方が羨ましくもなる作品である。秘密を暴かれた後の家族の描き方も含めて、もしこの原作が日本で映画化されたなら、もっと異なる展開が用意されるのではないだろうか。

(文・新田理恵)

 

『ミモザの島に消えた母』 Boomerang 

監督:フランソワ・ファヴラ
出演:ローラン・ラフィット、メラニー・ロラン、オドレイ・ダナ

2015年/フランス/フランス語/101分/DCP/シネスコ/5.1ch
配給:ファントム・フィルム

2016年7月23日(土)~ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

©2015 LES FILMS DU KIOSQUE FRANCE 2 CINÉMA TF1 DROITS AUDIOVISUELS UGC IMAGES

GPP サダハルアオキ PAUL ルブルターニュ オーバカナル WOWOW
朝日新聞 フランス大使館・アンスティチュ ルノー ラコステ エールフランス CNC TOHOシネマズ パレスホテル