最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト レポート チケット アクセス 地方上映情報



In the House(英題)
Dans la maison



わたしはロランス
Laurence Anyways



Populaire(原題)
Populaire(邦題「タイピスト!」)



ウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男~(仮)
Linhas de Wellington



母の身終い
Quelques heures de printemps



黒いスーツを着た男
Trois mondes



椿姫ができるまで
Traviata et nous



遭難者(仮)/女っ気なし(仮)
Le Naufragé / Un monde sans femmes



アナタの子供
Un enfant de toi



恋のときめき乱気流
Amour & turbulences



テレーズ・デスケルウ
Thérèse Desqueyroux



森に生きる少年 ~カラスの日~
Le Jour des Corneilles



ローラ
Lola






全てを失う前に
Avant que de tout perdre



妻の手紙
Lettres de femmes



からっぽの家
La Maison vide



日本への旅:捕縄術
Portraits de voyages Japon : Hôjô Jutsu



オマール海老の叫び
Le Cri du homard



移民収容
Rétention



次で最後(63年秋)
Next to last (Automne 63)



Le Printemps








twitter facebook rss


監督:ジェローム・ブルベス
2012年/フランス/15分13秒


Le Printemps



森の奥深くの神殿。マスクをかぶった人形たちが春の祭を待ちわび、準備をしている。音楽が鳴りだす。生け贄がつながれた檻が一つ運ばれてくる。そして春を祝う祭りが始まる...。







監督:ジェローム・ブルベス   Jérôme BOULBÈS
1969年モロッコのカサブランカに生まれ、パリ育ち。
国立高等装飾美術大学でイラストレーションを専攻し卒業。
1999年に最初の短編『井戸』を発表し、各国の映画祭で多くの賞を受賞。以降、『トーの死』(01)、『ラスカニュ』(03)、『孵化』(06)、『マスク(仮面)』(09)、『春』(12)を発表し、自身の幻想的で詩的な世界を表現。
2007年には、京都のヴィラ九条山のアーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加。フランスと日本の二重生活の後、京都に居を構える。現在、京都精華大学や大阪電気通信大学でアニメーションを教えるかたわら制作を続ける。『春』(原題:Le Printemps)は、京都で制作し、関西のミュージシャンが音楽を担当した。










20th アニバーサリー フランス映画祭 プログラムPDFダウンロード プレス お問い合わせ プライバシーポリシー