The Passengers of the Night (英題)

LES PASSAGERS DE LA NUIT

12/4(日)開演:14:30~ kino cinema横浜みなとみらい
チケット購入はこちら
 ※前売り券完売!当日券の状況は追ってお知らせします。

1981年、パリ。街は選挙の祝賀ムードに包まれ、希望と変革の雰囲気で溢れていた。そんな中、エリザベートの結婚生活は終わりを迎える。ひとりで子供たちを養うことになったエリザベートは、深夜放送のラジオ番組の仕事に就くことに。そこで出会った家出少女のタルラを自宅へ招き入れ、交流を重ねるなかでエリザベートやその子供たちの心に変化が訪れる――。

スタッフ&キャスト

監督:ミカエル・アース ★

© Emile Dubuisson_Nord-Ouest Films

1975年2月6日、フランス・パリ生まれ。名門映画学校FEMISにて製作を学び、2004年に卒業。“Charell”(2006)がカンヌ国際映画祭批評家週間に選出され、続く“Primrose Hill”(2007)でも批評家週間選出、さらにクレルモン・フェラン国際短編映画祭で受賞。3本目の中編“Montparnasse”(2009)がカンヌ国際映画祭監督週間賞、ジャン・ヴィゴ賞を受賞。
初の長編作品“Memory Lane”(2010)がロカルノ国際映画祭に出品され、長編第2作『サマーフィーリング』(2015)はロッテルダム国際映画祭で受賞。登場人物の繊細な心の揺れ動きを、映像と音楽で巧みに表現し、『アマンダと僕』(2018)ではヴェネツィア国際映画祭正式出品、東京国際映画祭にて東京グランプリ/最優秀脚本賞受賞し、セザール賞2部門ノミネートを果たした。

プロデューサー:ピエール・グィヤール
共同脚本:モード・アメリーヌ
共同脚本:マリエット・デゼール
音楽:アントン・サンコー

キャスト:シャルロット・ゲンズブール、キト・レイヨン=リシュテル、ノエ・アビタ、エマニュエル・ベアール

★は来日ゲスト(予定)


映画情報

邦題:The Passengers of the Night (英題)
原題:LES PASSAGERS DE LA NUIT

制作年:2022年
制作国:フランス
言語:フランス語
画角:ビスタ
時間:111分
ジャンル:ドラマ
R-15
配給:ビターズ・エンド

2023年4月シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほか全国ロードショー!

第72回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品

上映情報
12/4(日)開演:14:30~ kino cinema横浜みなとみらい