フランス映画祭 2018 大盛況のうちに閉幕
エールフランス観客賞は『セラヴィ!』に決定!

レポート

フランス映画祭 2018 大盛況のうちに閉幕
エールフランス観客賞は『セラヴィ!』に決定!

6/21(木)~24(日)の期間で開催しておりました「フランス映画祭 2018」が好評のうちに閉幕致しました。
今年は、13年ぶりに横浜に会場を移し華やかに開催、6/21(木)に横浜みなとみらいホールで行ったオープニングセレモニーでは、フランス映画祭団長のナタリー・バイと、横浜出身でフェスティバル・ミューズを務めた常盤貴子さんが開会を宣言。『万引き家族』でカンヌ国際映画祭・パルムドールに輝いた是枝裕和監督、本映画祭の特別協賛である日産自動車のカルロス・ゴーン会長もお祝いに駆けつけて下さいました。
満員となったオープニング作品『セラヴィ!』(7/6より全国公開)の上映を皮切りに、日本未公開のフランス映画、長編14本と短編1本を上映。上映会場となったイオンシネマみなとみらいには、多くのお客様が詰めかけ、会期中に6作品(うち短編『トマ』は『モカ色の車』の併映として2作を1本とみなす)が満員御礼、会場は連日フランス映画ファンの熱気でいっぱいでした。
上映時に配布したアンケートで選ばれる「エールフランス観客賞」は席数に関わらず評価の比率により、オープニング作品の『セラヴィ!』が受賞。結婚式での人間模様を描いたコメディが、多くの観客の皆様の心をつかむ結果となりました。

ご来場頂きました皆様、またご協力頂きましたボランティアの皆様に心より感謝申し上げます。
今後とも、フランス映画祭をよろしくお願いいたします。

レポート

レポート

レポート

関連記事一覧

  1. フランス映画祭2018
  2. Nathalie Baye
  3. 4/23記者会見
  4. マスタークラス「フランス映画界を牽引する若手俳優がキャリアを語る」
PAGE TOP