6月21日(木) フランス映画祭2018 レッドカーペット&オープニングセレモニーのご報告

オープニングセレモニー

1993年より日本で開催され今年で26回を迎えるフランス映画祭。2006年からは場所を横浜から東京に移して開催されていましたが、日仏交流160周年を迎える今年は2005年以来13年ぶりに横浜で21日(木)から24日(日)まで開催。
初日である本日21日、オープニングセレモニーがみなとみらいホールで行われました。

常盤貴子、艶やかな着物で、フランス映画祭の開幕を宣言!
ナタリー・バイ、フランソワ・オゾン!そして、是枝裕和!日仏代表メンバーが大集結!
「フランス映画祭 2018」オープニングセレモニーが華やかに開催!

今年で26回目を迎える「フランス映画祭 2018」が、6/21(木)遂に開幕しました!華やかなレッドカーペットを皮切りに、映画祭団長のナタリー・バイをはじめ、フランスの鬼才・フランソワ・オゾン監督、オープニング作品『セラヴィ!』の監督で『最強のふたり』の監督コンビ・オリヴィエ・ナカシュ監督&エリック・トレダノ監督など豪華来日ゲストに加え、フェスティバル・ミューズとして横浜市出身で何度もフランスを訪れたことのある常盤貴子さん、また直近のカンヌ国際映画祭で日本人史上4人目、自身最新作『万引き家族』で21年ぶりのパルム・ドールを受賞、自身も「フランス映画に育ててもらった」と語る是枝裕和監督が、オープニングイベントを祝して駆けつけ、13年ぶりに横浜で開催されるフランス映画祭にふさわしい、豪華な開幕となりました。

梅雨の合間の天気に恵まれた中、横浜の海を彷彿させるような艶やかなエメラルドグリーンの帯と白色の着物でレッドカーペットに登壇したフェスティバル・ミューズの常盤貴子。「自分が育った街でこの映画祭が開催できることをとても誇りに思います。このままどんどん映画祭が馴染んでいき、“横浜といえばフランス映画祭”、“フランス映画祭といえば横浜”と言っていただけるよう、どんどんお洒落な雰囲気の街になると期待しています。」続いて流暢なフランス語でも「映画祭が横浜で開催されてとても嬉しく思います。」と挨拶をし、レッドカーペット会場に駆けつけた300名以上の観客とメディアを盛り上げました。
また、今年のフランス映画祭団長で、常盤貴子さんも憧れるフランスを代表する女優、ナタリー・バイさんの登場に、「このような機会でお会いできることがとても嬉しいです」と、常盤さんの笑顔もさらに弾けました。

日本でも絶対的な人気を誇るフランスの鬼才・フランソワ・オゾン監督の登場にはフラッシュの音が鳴り止まず、観客の中には2時間以上も前からレッドカーペット前に並ぶ熱狂的なファンが多く詰め寄り、盛り上がりを見せました。

日仏交流160周年、13年ぶりの横浜での開催とあり、開催前からフランス映画祭のビジュアルが横浜の街をジャックするなど盛り上がりをみせていましたが、地元の横浜市民はオープニングセレモニー&上映が500円でみられるという嬉しい特典もあり、当日はたくさんの横浜市民が来場し、約1200名の会場はあっという間に満席となりました。

オープニングセレモニー
満席の会場の中、オープニングセレモニーに続いて登壇した常盤貴子は、「私の故郷でもある横浜にフランス映画祭が帰ってきたタイミングで、“フェスティバル・ミューズ”に選んでいただけたことを、改めてとても嬉しく思います。
今日ここにいらしている皆さんは、きっととてもフランス映画に詳しいかと思いますが、私はこのフェスティバル・ミューズに選ばれるまで知らなかったのですが、フランスからお忙しい監督やゲストの皆さんが日本にやって来るのは、“日本のみなさんにフランス映画を知ってほしい!”という想いからだそうです。みなさんのフランス映画に対する情熱をこの横浜でぶつけていただき、大いにこの映画祭を盛り上げていきましょう!」と会場に呼びかけました。
続いて登場したナタリー・バイは、「私は初めて日本に来日したのが、15年前の横浜でした。こうして横浜に戻ってくることができてとても嬉しいです。日本が大好きです!」と喜びを語りました。

上映作品の監督や出演者などのフランス代表団に続いてスペシャルゲストとして登壇したのは、日仏の映画界の架け橋となる存在といっても過言ではない、是枝裕和監督。「映画祭は本当に映画を愛する人の交流の場で、僕たち作り手にとっても本当に貴重な時間であり、場所です。僕自身を育ててくれたフランス映画、一人の作り手としても、フランスの映画祭などに呼んでいただいて、フランスのファンの人に育てられて映画を作るエネルギーをもらっています。今日来日されているフランスの作り手の方も、日本のみなさんとの出会いによって次の作品を作るエネルギーをもらえる、そんな機会になることを願っています。今日は僕の尊敬するフランスの映画人、またこの映画祭を支えている人たちと同じステージに立て、本当に光栄です。」とフランス映画に想いを馳せました。

スポンサーである日産自動車会長のカルロス・ゴーンも「フランス映画祭が横浜に戻ってくることに少しでも貢献できてとても嬉しく思います。」と祝福、
最後に、映画祭団長のナタリー・バイとフェスティバル・ミューズの常盤貴子で日仏の開幕宣言。ナタリー・バイのフランス語による「フランス映画祭、開催します!」、そしてその日本語通訳の後に同じ“日本語”で開幕宣言をすることになった常盤さん。思わず大きな声で笑ってしまい、「(日本語の通訳があったので)同じことになりが。笑!2018、フランス映画祭、本日横浜にて開催します!」と高らかにフランス映画祭の開幕を宣言しました。

その後サプライズとして披露された、巨匠マーティン・スコセッシ監督の『ヒューゴの不思議な発明』にも楽曲を提供するピアニストの、ジャン=ミシェル・ベルナールの華麗なピアノの演奏後、オープニング作品『セラヴィ!』の上映。華やかに「フランス映画祭 2018」の開幕を彩るオープニングセレモニーとなりました。

関連記事一覧

  1. グッバイ・ゴダール!
  2. Memoir Of Pain/メモワール・オブ・ペイン(英題)
  3. Nathalie Baye
  4. マスタークラス「女性監督によるフレンチホラーの魅力」
  5. フランス映画祭2018
  6. REVENGE リベンジ
PAGE TOP