CUSTODY/カストディ(英題)

Jusqu'à la garde

2018年6月24日 15:30~ イオンシネマみなとみらい

第74回ベネチア国際映画祭にて最優秀監督賞(銀獅子賞)受賞!フランスでヒットを続けている必見の人間ドラマ。

監督:グザヴィエ・ルグラン

出演:ドゥニ・メノーシェ、レア・ドリュケール、トーマス・ジオリア

2016年/フランス/フランス語/93分/G 配給:アンプラグド

2019年1月 劇場公開決定

ブレッソン夫妻は離婚し、11歳になる息子の親権内容を争っている。元夫に子供を近づけたくない母ミリアムだったが裁判所は夫アントワーヌに息子への面会の権利を与える。彼は面会の度に息子ジュリアンから母の居場所を聞き出そうとするが、ミリアムは電話に出ず住所さえ伝えない。母親を守るためジュリアンは必死に嘘をつくがアントワーヌに嘘を見破られてしまい、彼が家に乗り込んでくる。

⇒チケット購入ページ(イオンシネマみなとみらい上映スケジュールページ)

© 2016 – KG Productions – France 3 Cinéma

スタッフ&キャスト

グザヴィエ・ルグラン(監督)

1979年、フランス生まれ。

フランス国立高等演劇学校で演技を学び、チェーホフやシェイクスピア、ハロルド・ピンター、ミシェル・ヴィナヴェール、ペーター・ハントケによる名戯曲に出演。その後舞台から映画へと活動の幅を広げ、フィリップ・ガレルやローラン・ジャウイ、ブノワ・コーエン、ブリジット・シィ監督作品に出演。2013年の短編映画初監督『Just before loosing everything』が100以上の映画祭で選考され、第86回アカデミー賞では短編映画賞にノミネート。クレルモン・フェラン短編映画祭(仏)や第39回セザール賞(仏)では短編映画賞を獲得。2017年長編映画初監督となる今作が第74回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され、銀獅子賞を獲得した。その後、フランスで話題作となった。

グザヴィエ・ルグラン(監督)の写真

ドゥニ・メノーシェ(出演)

ドゥニ・メノーシェ(出演)の写真

レア・ドリュケール(出演)

レア・ドリュケール(出演)の写真

トーマス・ジオリア(出演)

トーマス・ジオリア(出演)の写真
  1. 映画情報
  2. スケジュール

監督:グザヴィエ・ルグラン

出演:ドゥニ・メノーシェ、レア・ドリュケール、トーマス・ジオリア

2016年/フランス/フランス語/93分 配給:アンプラグド

2019年1月 劇場公開決定

タイトル:CUSTODY/カストディ(英題)

原題:Jusqu'à la garde

上映日:2018年6月24日

上映開始時間:15:30~

上映時間:93分

上映会場:イオンシネマみなとみらい

関連記事一覧

  1. フランス映画祭2018
  2. 関連企画
  3. レポート
  4. See You Up There
  5. CUSTODY/カストディ
  6. ブラッディ・ミルク
  7. REVENGE リベンジ
  8. モカ色の車
  9. Memoir Of Pain/メモワール・オブ・ペイン(英題)
  10. マルヴィン、あるいは素晴らしい教育
  11. 子どもが教えてくれたこと
  12. 2重螺旋(らせん)の恋人
  13. 顔たち、ところどころ
  14. マスタークラス「フランス映画界を牽引する女優ナタリー・バイ」
  15. グッバイ・ゴダール!
  16. フランス映画祭2018
  17. マスタークラス「女性監督によるフレンチホラーの魅力」
  18. マスタークラス「フランス映画界を牽引する若手俳優がキャリアを語る」
  19. セルジュトゥビアナ
PAGE TOP