セラヴィ!

Le Sens de la Fête

オープニング作品

2018年6月21日 18:30~ 横浜みなとみらいホール

【オープニングセレモニー約30分+117分】セレモニー後、作品上映

『最強のふたり』監督コンビが、またもや世界中の心を掴んだ!
優しい眼差しに満ち溢れたわたしたちへの人生賛歌!

監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ

出演:ジャン=ピエール・バクリ、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、ヴァンサン・マケーニュ、アルバン・イワノフ

2017年 / フランス / フランス語 / カラー / ビスタ / 117分 配給:パルコ

渋谷・シネクイント、新宿シネマカリテ、池袋HUMAXシネマズほか全国公開
シネクイント オープニング作品!

ウェディングプランナーとして、30年間数えきれない挙式をプロデュースしてきたマックスは、近頃“引退”の文字が頭をよぎる日々を過ごしていた。そんな折、17世紀の城が会場となる豪華絢爛な結婚式の依頼が舞い込んだ。完璧な式を演出しようと、あらゆる準備を整えて当日を迎えたのだが、集まったチームメンバーは、なんと全員ポンコツ!!結婚式は大惨事と化すー。 フランスのエンタメ界を代表する名優たちが奇跡的に集結。愛さずにはいられないチャーミングな登場人物たちは、結婚式にどんな華を添えるのかー!

⇒チケット購入ページ(チケットぴあ)

© 2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

スタッフ&キャスト

エリック・トレダノ(監督)

1971年、パリ生まれ。

若い頃から映画に魅せられ、ウッディ・アレンやクロード・ソーテの作品をこよなく愛する。その一方で、イタリアのコメディ映画や『レ・ブロンゼ/スキーに行く』(パトリス・ルコント監督、79年)、『サンタクロースはゲス野郎』(ジャン=マリー・ポワレ監督、82年)といったフランスの国民的コメディ映画からも強い影響を受けていると明かしている。95年にオリヴィエ・ナカシュと出会い、短編の制作をスタート。02年にオマール・シーと出会い、ここから二人の監督と俳優のコラボレーションが始まる。11年公開の長編4作目『最強のふたり』はフランスのみならず、世界的に大ヒットを記録。5作目となった『サンバ』(14年)では再びオマール・シーが主演を務め、シャルロット・ゲンズブールやタハール・ラヒムといった人気と実力を兼ね備えた役者たちが集結した。

エリック・トレダノ(監督)の写真

オリヴィエ・ナカシュ(監督)

1973年、パリ郊外シュレンヌ生まれ。

90年代からエリック・トレダノとともに短編からキャリアをスタート。99年に発表した短編『Les petits souliers』では、ジャメル・ドゥブーズやガッド・エルマレといったフランスの人気コメディアンたちをキャストに迎え、同作はコメディに特化した国内の短編映画賞の審査員特別賞を受賞。05年に発表した長編一作目では、フランスの名優ジェラール・ドパルデューや『セラヴィ!』にも出演するジャン=ポール・ルーヴが出演している。実話をもとにした長編4作目『最強のふたり』は94年以来、“フランス国外で最も観客を集めたフランス映画”となった。

オリヴィエ・ナカシュ(監督)の写真

ジャン=ピエール・バクリ(出演)

ジャン=ピエール・バクリ(出演)の写真
  1. 映画情報
  2. スケジュール

監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ

出演:ジャン=ピエール・バクリ、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、ヴァンサン・マケーニュ

2017年/フランス/フランス語/カラー/ビスタ/117分 配給:パルコ

7.6(金)渋谷・シネクイントほか全国ロードショー! シネクイント オープニング作品!

タイトル:セラヴィ!

原題:Le Sens de la Fête

上映日:2018年6月21日

上映開始時間:18:30~

上映時間:117分

上映会場:横浜みなとみらいホール

関連記事一覧

  1. フランス映画祭2018
  2. 関連企画
  3. レポート
  4. See You Up There
  5. CUSTODY/カストディ
  6. ブラッディ・ミルク
  7. REVENGE リベンジ
  8. モカ色の車
  9. Memoir Of Pain/メモワール・オブ・ペイン(英題)
  10. マルヴィン、あるいは素晴らしい教育
  11. 子どもが教えてくれたこと
  12. 2重螺旋(らせん)の恋人
  13. 顔たち、ところどころ
  14. マスタークラス「フランス映画界を牽引する女優ナタリー・バイ」
  15. グッバイ・ゴダール!
  16. フランス映画祭2018
  17. マスタークラス「女性監督によるフレンチホラーの魅力」
  18. マスタークラス「フランス映画界を牽引する若手俳優がキャリアを語る」
  19. セルジュトゥビアナ
PAGE TOP