To the Ends of the World (英題)

Les Confins du Monde

2018年6月22日 20:30~ イオンシネマみなとみらい

ジェラール・ドパルデュー、ギャスパー・ウリエル共演の戦争ドラマ。2018年、カンヌ監督週間上映作品。

監督:ギョーム・ニクルー

出演:ギャスパー・ウリエル、ギョーム・グイ、ラン=ケー・トラン、ジェラルド・ドパルデュー

2018年 / フランス / フランス語 / 103分 / R18 配給:キノフィルムズ

1945年、インドシナ半島。若い兵士、ロベール・タッセンは、前線で兄が目の前で無残に虐殺されるが、本人は何とか生き延びていた。
復讐に燃えるロベールは、暗殺者たちを探す極秘任務に一人で出発する。しかし、若いインドシナの女性マイに出会い、全てが変わっていく・・・。

⇒チケット購入ページ(イオンシネマみなとみらい上映スケジュールページ)

© 2017 Les films du Worso – Les Armateurs – Orange Studio – Scope Pictures – Rectangle Productions – Arena Films – Arches Films – Cinéfeel 1 – Same Player – Pan Européenne – Move Movie – Ce Qui Me Meut

スタッフ&キャスト

ギョーム・ニクルー(監督)

ギョーム・ニクルー(監督)の写真

ギャスパー・ウリエル(出演)

ギャスパー・ウリエル(出演)の写真

関連記事一覧

  1. フランス映画祭2019
  2. フランス映画祭2018
  3. 関連企画
  4. レポート
  5. See You Up There
  6. CUSTODY/カストディ
  7. ブラッディ・ミルク
  8. REVENGE リベンジ
  9. モカ色の車
  10. Memoir Of Pain/メモワール・オブ・ペイン(英題)
  11. マルヴィン、あるいは素晴らしい教育
  12. 子どもが教えてくれたこと
  13. 2重螺旋(らせん)の恋人
  14. 顔たち、ところどころ
  15. マスタークラス「フランス映画界を牽引する女優ナタリー・バイ」
  16. グッバイ・ゴダール!
  17. フランス映画祭2018
  18. マスタークラス「女性監督によるフレンチホラーの魅力」
  19. マスタークラス「フランス映画界を牽引する若手俳優がキャリアを語る」
PAGE TOP