朝日新聞
フランス大使館・アンスティチュ
CNC
フランス大使館
フランス大使館
Procirep
ルノー
ラコステ
TitraFilm
エールフランス
TOHOシネマズ
スターチャンネル
レポート

【レポート】6/22オープニング・セレモニー&『The Midwife(英題)』舞台挨拶

6月22日(木)、東京・有楽町でフランス映画祭2017が開幕。TOHOシネマズ 日劇スクリーン1でオープニングセレモニーとオープニング作品『The Midwife(英題)』の上映が行なわれた。団長のカトリーヌ・ドヌーヴさんをはじめ、豪華な来日ゲストに加えて、フランス映画祭2017親善大使を務める北野武監督が一堂に会し、第25回という節目に相応しい華やかな幕開けとなった。

オープニングセレモニーはまず、主催者ユニフランスのジャン=ポール・サロメ会長とイザベル・ジョルダーノ代表の挨拶でスタート。続いて、出演作をフィーチャーしたトリビュート・フィルムがスクリーンに映し出された後、来日ゲストの団長を務める大女優カトリーヌ・ドヌーヴさんが、大きな拍手に迎えられて登場した。

「25回目のフランス映画祭の団長を務めることができ、大変感動しております」という喜びの言葉に続き、上映作品の特徴に言及したドヌーヴさん。
「今回、11本の新作が選ばれていますが、そのうち4作品が女性監督のものです。これは大変重い意味を持っています」

ドヌーヴさんの挨拶が終わると、来日したゲストが登壇。ポール・ヴァーホーヴェン監督、イザベル・ユペールさん、トラン・アン・ユン監督など、日本でも人気の高い映画人の登場に、場内は興奮に包まれた。

ステージが一気に華やいたところで、フランス映画祭2017親善大使として登場したのが、フランスにも多くのファンを持つ北野武監督。

「遅れてすみません。安倍晋三です。今、加計学園の問題でお金を貰ったという話があったので、絶対に貰ってないということで逃げてきたんですけど…」

ジョークで笑いを誘いつつも、映画について語る言葉は真剣そのもの。ジャン・ギャバンの出演作をはじめ、セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンが共演した『ガラスの墓標』(69)、カトリーヌ・ドヌーヴさんの主演作『昼顔』(67)、『シェルブールの雨傘』(63)などを挙げ、フランス映画から多くの影響を受けたと語った。さらに「映画は見た後に恋人同士や友達同士で語り合って、お互いの教養や見方を深める役割がある。フランスの映画は一番語りやすい」とフランス映画への敬意を表し、映画祭の開幕を祝った。

写真撮影を経て終了したセレモニーに続き、オープニング作品『The Midwife(英題)』の上映へ。これに先立ち、マルタン・プロヴォ監督と主演のドヌーヴさんが舞台挨拶を行なった。

プロヴォ監督は「この作品では、自由な女性と自分のうちに閉じこもっている女性を描いています。彼女たちが、徐々にお互い見出してゆくという映画です」と紹介。さらに、「カトリーヌ・ドヌーヴと一緒に来られたことを大変嬉しく思っています。映画をお楽しみください」と来日を喜んだ。

続いてドヌーヴさんが「この映画は皆さんを感動させ、笑わせてくれると思います。人生について、命とは何か、死とは何かということを、ちょっと異なる切り口で伝えている映画です」と語ると、場内は一段と大きな拍手に包まれた。
最後は団長らしい言葉で、ドヌーヴさんが舞台挨拶を締めくくった。
「4日間、素晴らしい旅を楽しむことができます。この映画祭を楽しんで下さい」

『The Midwife(英題)』は、『ルージュの手紙』の邦題でこの冬、シネスイッチ銀座ほか、全国順次ロードショー。

(取材・文:井上健一/撮影:白畑留美、明田川志保)





朝日新聞
フランス大使館・アンスティチュ
CNC
フランス大使館
フランス大使館
Procirep
ルノー
ラコステ
TitraFilm
エールフランス
TOHOシネマズ
スターチャンネル