関連企画

※イベントは事情により変更になる場合がございます。

ご自宅でフランス映画祭!

フランス映画祭開催を記念して、オンライン各プラットフォームにて、フランス映画特集を展開していただいております!
会場で、ご自宅で、フレンチシネマをお楽しみください。

VIDEX
Videx_Logo_001

ビデマーケット
Videomarket logo-2

bonobo
bonobo_logo_b

青山シアター

ぷれシネ
logo@2x

café de cinéma
logo2

 


※イベントは事情により変更になる場合がございます。

エールフランス観客賞誕生!

フランス映画祭の観客賞があらたに「エールフランス観客賞」として生まれ変わりました。観客賞を受賞した作品に投票されたお客様から抽選で1名様に、東京—パリ往復ペア航空券をプレゼント!

提供:エールフランス航空


観客賞に投票するとそのほかにも素敵なグッズが当たる!
全作品の観客賞に投票いただいた方の中から、抽選で23名様に素敵なプレゼント♪
※映画祭会期後に当選者へのみご連絡いたします。

My Little Box(マイリトルボックス):3名様
パリのエスプリを感じるファッション雑貨やコスメなどが入ったサプライズBox
logo_blancのコピー
mylittlebox060716_0038_

Paul:10名様
大人気のパン屋Paulのオリジナル
オリジナル・トートバッグ(黒):5個
2016PAULトートバッグ(黒)背景白

日本上陸25周年 クラシカル・ロゴタイプ(白):5個
25周年トートバッグのコピー

◇ユニフランス特製ノート(非売品):10名様

 


※イベントは事情により変更になる場合がございます。

マスタークラス第2弾! ルシール・アザリロヴィックx塚本晋也

新作『エヴォリューション』がフランス映画祭2016で上映されるルシール・アザリロヴィック監督。カルト的な人気を誇る前作『エコール』(04)の上映と上映後の登壇が緊急決定しました。対談相手にはルシールと親交の深い塚本晋也監督(『野火』)が登場!フランス、日本で異彩を放つ独特なふたりのスタイルと映像美の世界を覗きましょう。

日時:2016年6月26日(日)14時(開映時間)
終了予定時刻:17時半
会場:アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋)
入場無料、先着順(定員108名)
13時より2Fエスパス・イマージュ前にて整理券を配布いたします。
司会:市山尚三(東京フィルメックス プログラムディレクター)

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/



メイン_l
『エコール』
2004年/121分/ベルギー、フランス、イギリス合作/35mm/日本語字幕付
出演:マリオン・コティヤール、エレーヌ・ドゥ・フジュロールほか

高い塀で下界を遮断された森の中の学校、エコール。6歳から12歳までの少女たちが自然の生態やダンスを学んでいる。深い森と青い空を映す湖の前で、妖精のように戯れる少女たち。男性のいない完璧な世界にまた一人、6歳の少女イリスがやってきた…。彼女たちは卒業まで外界と接することなく、7年間学校の中で過ごす。卒業のとき、彼女たちの胸に去来するのは、開放の喜びなのか、新しい世界への恐怖なのか?少女たちは一体どこへ行くのだろうか…。
19世紀の作家フランク・ヴェデキントの小説『ミネハハ』(『笑う水』の意味)を、夢見るようなタッチで映像化し、少女の美しさとエロスの世界を耽美的な映像で描き出した美の寓話。

Lucile Hadzihalilovic MFIG-UNIFRANCE 201633145-1v
©Matias Indjic
ルシール・アザリロヴィック(Lucile HADZIHALILOVIC)
1961年フランス生まれ。
パートナーであるギャスパー・ノエとのコンビネーションでも知られる。96年に監督した52分の『ミミ』はカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で上映、04年の『エコール』はサン・セバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞を受賞するなど、高い評価を得ている。

 

3E9A0687
塚本晋也
1960年東京都出身。
『鉄男』(89)で国内および海外からも高い評価を得る。監督、脚本、美術、出演を自らこなし、他監督の作品にも多く出演。海外の映画祭での受賞作品も多く、『KOTOKO』(12)ではヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ賞を受賞。監督・主演を務めた最新作『野火』は第70回毎日映画コンクール、監督賞および男優主演賞を受賞。ロングランヒットとなる

ecole_sell_jk
『エコール』DVD

発売中 ¥2,500(税抜)
発売元:カルチュア・パブリッシャーズ
販売元:ハピネット
© Ex Nihilo / Bluelight l’Ecole Ltd / UK Film Council / Les Ateliers de Baere / Gimages Films / Love Streams Productions

 

ルシール・アザリロヴィック最新作『エヴォリューション』は、6月27日(月)14時〜フランス映画祭にて先行上映!(上映後、監督による質疑応答あり)
2016年11月 渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開


※イベントは事情により変更になる場合がございます。

映画祭オフィシャルレストラン「バルバラルミュウ」にて映画祭限定メニュー登場!

フランス映画祭とバルバラルミュウのコラボレーションも今年で5回目です。
今年は、映画のようにドラマチックで、ロマンチックなきっかけで生まれたクレープをご用意いただきました!
映画を観たら、バルバラ ルミュウへ!

★フランス映画祭2016タイアップ 限定メニュー
クレープ シュゼット 690円

クレープ-シュゼット5759sみなさんはクレープの由来をご存じですか……?
19世紀にフランスで活躍した料理人、アンリ・シャルパンティエ。
彼が見習いだった頃、恋人シュゼットのためのオレンジのデザートを用意していたときのこと。手違いでグランマルニエというアルコールに火がついてしまい、偶然濃厚なカラメルソースができたことで生まれたという幸せなスイーツなんです。

そんな幸せのスイーツ、クレープ。
今回ご用意いただいた、もちもちのクレープ生地にしみこませた甘くほろ苦いカラメルソースと、ふわりと駆けぬけるオレンジの香り、つめたいバニラアイスが奏でるマリアージュをぜひご堪能ください。

★映画祭半券提示サービス

映画祭の半券をお持ちのお客さまにいずれか1つプレゼント!
(ご注文時にご提示ください)
1)ランチタイムはハーフデザート
2)デザートのご利用で1ドリンク
3)お食事のご利用で1ドリンク

●実施期間: 2016年6/20(月)~6/27(月)
●場所: ルミネ有楽町店 ルミネ1・8F  

【店舗情報】
●営業時間: 11:00~23:00  (Orderstop 22:00)


※イベントは事情により変更になる場合がございます。

フランスからの贈り物「カンパニー ド プロバンス」を来場者プレゼント!

映画祭期間中に下記作品にご来場のお客様へ天然シアバター、オリーブオイル配合の「カンパニー ド プロバンス」ボディーローション(フランス製)を先着でプレゼント!
フランスからの贈り物を映画と共にお楽しみください。

※数には限りがございます。ご入場いただいた先着順となります。

・6月26日(日) 18:00
『めぐりあう日』
カンパニー ド プロバンス ボディーローション 30mL チェリーブロッサム
→先着100名様
Compagnie de Provence juillet 2010

・6月27日(月) 10:30
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』
カンパニー ド プロバンス ボディーローション 30mL グレープフルーツ
→先着100名様
Compagnie de Provence juillet 2010

●ご提供:グローバル プロダクト プランニング

 


※イベントは事情により変更になる場合がございます。

来場者にショコ・レ&店舗にてマカロンをプレゼント!

パリを拠点に世界をリードし続ける本格パティスリー「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」より素敵なプレゼント!

◎映画祭期間中に下記作品にご来場のお客様へ、先着で「ショコ・レ」をプレゼント!
※数には限りがございます。ご入場いただいた先着順となります。

・6月27日(月) 17:20
『パリはわれらのもの』
ショコ・レ(ホットチョコレート)
フレーバー:バターキャラメル
→先着50名様
<サダハルアオキ>ショコレ(エッフェル塔)

 

◎「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 丸の内店」にて、「フランス映画祭2016」のすべての作品の映画半券をご提示でマカロンを1つプレゼント!

実施期間:6/24(金)〜6/30(木)
実施店舗:パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 丸の内店
(フレーバーはお選びいただけません)

マカロンイメージ4

●ご提供:パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

ギヨーム・ニクルー Guillaume Nicloux ©Matias Indjic
※イベントは事情により変更になる場合がございます。

フランス映画祭2016マスター・クラス 開講!
Festival du film français au Japon
Masterclass

フランス映画祭ゲストを深く知るチャンス!

フランス映画祭2016で来日予定の豪華ゲストによる特別講義や対談を今年も企画。映画づくりのエピソードをじっくり聞ける貴重な機会です。ふるってご参加ください。

 

ギヨーム・ニクルー監督@アテネ・フランセ文化センター

フランス映画を代表するふたりの俳優イザベル・ユペールとジェラール•ドパルデューが35年ぶりに共演した『愛と死の谷』が、フランス映画祭2016で上映されます。
この機会に『愛と死の谷』の監督ギヨーム・ニクルーと、日仏合作映画『淵に立つ』で今年のカンヌ映画祭「ある視点部門」審査員賞を受賞した深田晃司監督によるマスター・クラス「現代映画における演技と演出」を行います。
特別ゲストとして『愛と死の谷』の主演女優イザベル・ユペールのご登壇も予定しています!

マスター・クラス「現代映画における演技と演出」
日程:2016年6月25日(土)19:00(開場18:40)
会場:アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水)
講師:
ギヨーム・ニクルー Guillaume Nicloux(『愛と死の谷』監督)
深田晃司 Koji Fukada(カンヌ国際映画祭2016「ある視点部門」審査員賞受賞作『淵に立つ』監督)
特別ゲスト Invitée spéciale:イザベル・ユペール Isabelle Huppert(『愛と死の谷』主演=予定)
主催:ユニフランス Unifance
アテネ・フランセ文化センター Athénée Français Cultural Center
映画美学校 The Film School of Tokyo
受講料:1,000円
先着順:80名

Isabelle_Huppert

イザベル・ユペール Isabelle Huppert ©Matias Indjic

会場&お問合せ:
アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水)
東京都千代田区神田駿河台2-11 アテネ・フランセ4階
JR/地下鉄 御茶ノ水・水道橋より徒歩7分
TEL.03 (3291) 4339 (13:00-20:00)
*登壇ゲストは都合により変更となる場合があります。

©1966 Films Paris New York – graphic design by Robert Deplore
※イベントは事情により変更になる場合がございます。

フランス映画祭2016特別関連企画 特別上映『ポリー・マグーお前は誰だ』&DJ Party

パリのファッション・シーンを描いた名作『ポリー・マグーお前は誰だ』ほか、ウィリアム・クライン作品の音楽を集めた世界初オリジナル・サウンド・トラックが6月17日(金)に発売されます。これを記念した特別上映とDJ Partyを開催します!

日程:6月25日(土)
共催:ランプリング・レコーズ
協力:IENA
会場・詳細お問い合わせ:アンスティチュ・フランセ東京 Tel 03-5206-2500


※イベントは事情により変更になる場合がございます。

フランス映画をルミネをめぐりながら味わおう!

lumine◆ルミネ有楽町
ルミネ有楽町では、5月24日(火)~6月19日(日)まで「ルミネ有楽町文化部 presents フランス映画祭ご招待キャンペーン」を実施いたします。
初夏のお買い物を楽しみつつ、フランス映画でロマンチックな旅気分を味わってみませんか。

詳しくはこちら

◆バルバラ・ルミュウ(ルミネ有楽町 ルミネ1・8F)
四季の素材の美味しさを引き出す料理をクリエーションするバルバラ・ルミュウ。今年も映画祭オフィシャルレストランとして、毎年好評の特別限定メニューをご提供!
フランス映画ご鑑賞の合間に、ぜひお立ち寄りください。

『間奏曲はパリで』WOWOWシネマ6/24(金)・7/4(月)
© 2014 Avenue B et Vito Films, Tous droits reserves.
※イベントは事情により変更になる場合がございます。

WOWOWシネマ フランス映画の宴 18本の大特集!

wowwow今年も6月にフランス映画18本の大特集!ゲストとして来日するイザベル・ユペールの『間奏曲はパリで』、昨年のフランス映画祭で話題の『ボヴァリー夫人とパン屋』、シャルロット・ゲンズブール主演の『なまいきシャルロット』など多彩なラインナップ。

6月13日(月)~24日(金)
ご加入・お問い合わせは・・・ 0120-808-422
(9:00~21:00 年中無休 通話無料)
詳しくはWOWOWサイトにて http://www.wowow.co.jp/movie/

『日曜日が待ち遠しい!』
© 1983 LES FILMS DU CARROSSE
※イベントは事情により変更になる場合がございます。

BS10スターチャンネルで新旧のフランス映画をオンエア!

Co_001Wフランス映画祭2016にて、STAR CHANNEL MOVIES作品『ショコラ!(仮題)』を提供するスターチャンネルは、フランス映画祭2013上映作品『危険なプロット』や、フランソワ・トリュフォーの遺作『日曜日が待ち遠しい!』等、新旧のフランス映画を6月に3作品放送。
詳しくは・・・http://www.star-ch.jp/

“2015年 会場風景より” © Shirahata Rumi - uniFrance
※イベントは事情により変更になる場合がございます。

サイン会開催のご案内とお申込方法について

前売券を購入して、サイン会に応募しよう!

フランス映画祭では、今年も映画祭期間中に来日ゲストによるサイン会を開催いたします。
該当上映回の前売券をご購入いただいたお客さまは、ぜひご応募ください。

お申込方法等の詳細については、下記をご確認ください。

サイン会へのご参加方法
● 該当上映回の前売券をお持ちの方のみ、お申込みいただけます。
● ご参加には、特設フォームから事前のお申込みが必要となります。参加無料です。
下記のURLより、必要事項をご入力いただき、お申込みください。
● お一人様チケット1枚につき1回のみのお申込みとなります。
● こちらは先着順ではありません。お申込み多数の場合は抽選となります。予めご了承ください。
● お申込みには、前売券のチケット券面に記載される3桁(【 】内の「-」を除く、数字2桁とアルファベット1字)の入力が必要となります。
● 当日はプリントアウトした当選メールまたはメールを表示した画面と、該当上映回のチケットのご提示が必要になります。 両方のご提示がない場合はサイン会にご参加いただけませんので、ご注意ください。
● サイン会は、朝日ホールでの上映作品については各回のトークショー後に、TOHOシネマズ 日劇での上映作品については各回の上映前に実施予定です。

★ お申込み特設フォーム >こちらから
● お申込み期間:2016年5月28日(土)10:00 ~ 6月15日(水)23:59
● 当選通知について:2016年6月22日(水)
当選者のみにメールにて通知します。当選のご案内がなかった場合は落選ですので、電話やメールなどでのお問い合わせはご遠慮ください。

—————————————————
●サイン会ゲスト
『ミモザの島に消えた母』
フランソワ・ファヴラ(監督)、ローラン・ラフィット
『The Final Lesson(仮題)』
パスカル・プザドゥー(監督)、マルト・ヴィラロンガ
『愛と死の谷』
ギヨーム・ニクルー(監督)、イザベル・ユペール
『モン・ロワ(原題)』
マイウェン(監督)
『ショコラ(仮題)』
ロシュディ・ゼム(監督)、オマール・シィ
『めぐりあう日』
ウニー・ルコント(監督)
『パレス・ダウン』
ニコラ・サーダ(監督)
『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』
マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール(監督)
『エヴォリューション(仮)』
ルシール・アザリロヴィック(監督)

※※『太陽のめざめ』『アスファルト』『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』『パリはわれらのもの』では、サイン会は実施しません。

—————————————————
< ご注意事項 >
※ 急なキャンセル、追加等の予定変更がある場合もございます。何卒ご了承ください。
※ 万が一、予定に変更がありましたら、こちらの公式サイトでご案内いたします。
※ お申込み人数が募集人数に達しなかった場合または急遽来日ゲストが決定する場合がありましたら、追加での参加申込をお受けすることがあります。その場合は公式サイトで受付方法等をご案内いたします。

GPP サダハルアオキ PAUL ルブルターニュ オーバカナル WOWOW
朝日新聞 フランス大使館・アンスティチュ ルノー ラコステ エールフランス CNC TOHOシネマズ パレスホテル