最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト レポート チケット アクセス 地方上映情報



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『恋のときめき乱気流』トークショー



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『タイピスト!』(Populaire)トークショー



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『母の身終い』トークショー



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『椿姫ができるまで』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『黒いスーツを着た男』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『アナタの子供』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『森に生きる少年〜カラスの日々〜』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『ローラ』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『わたしはロランス』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)短編作品集より『からっぽの家』舞台挨拶



REPORT 2013.06.21

6/21(金)『遭難者(仮)』『女っ気なし(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.21

『テレーズ・デスケルウ』レビュー



REPORT 2013.06.21

6/21(金)オープニングセレモニー、『In the House (英題)』トークショー



REPORT 2013.05.13

「フランス映画祭2013」ラインナップ&来日アーティスト発表記者会見




twitter

twitter

twitter facebook rss

6/23(日)『アナタの子供』トークショー



REPORT 2013.06.23

IMG_1514S.JPG フランス映画祭3日目の23日、有楽町朝日ホールにて『アナタの子供』が上映され、ジャック・ドワイヨン監督とその愛娘でモデル、女優そして歌手でもあるルー・ドワイヨンさんが来場した。主演を務めたルーさんは、母親でありながら二人の男性の間を行き来する奔放なヒロインを好演。上映直後、ドワイヨン父娘が登壇すると、会場からは盛大な拍手が沸き起こった。

IMG_1461S.JPG ルーさんのはにかむ笑顔が、彼女の母親ジェーン・バーキンさんの若かりし頃を思わせる。終始、仲の良さを感じさせる二人。『フリーキー・ラブ!』(フランス映画祭2001で上映)以来、12年ぶり3度目の父娘タッグとなるが、当初は他の俳優のために書かれた作品だったという。
ルーさんは、「父の作品にはまた出演したいと思っていましたが、出させて欲しいなどという大それたお願いはできませんでした。この役が私にきたのは、他の俳優に断られたからです」と出演の経緯を明かした。また、「父の作品にはずっと若い頃に2度出演していますが、今回でようやく家族の関係とか感情を抜きにして純粋に仕事をできたことを嬉しく思います」と、親子共作に込めた想いを語った。
 
IMG_1580S.JPG 客席からは演出に関する質問が相次いだ。長回しのワンカットが多く、ワンシーン平均15〜25テイクほど撮るという監督。そのため、各シーンについての細かい演出については「その日のうちに忘れてしまった」とのこと。ただ全篇を通して、ヒロインが最終的にどちらの男性を選ぶのか、途中で観客がわかってしまうことがないよう、それだけは絶えず気をつけていたという。
また、モンテーニュの随想録の一節「人間は波打つ存在である」を引用して、どの監督作品においても登場人物たちがまっすぐな軌跡を辿ることがないよう留意しているとも述べた。
 
IMG_1531S.JPG テイク数が多い理由について、監督は「各シーンは撮影の間に形作られていくものであり、自分が書いたそのシーンに何が含まれていたのか、俳優たちを使いながら見つけていくという作業をしていきます。シーンの中にある複数の感情を演じ、表現するためには1、2テイクでは無理なんです」と説明。その演出方法については、ルーさんも「父は本当に要求の高い監督で、役者の最良の部分が出るまで決して許してくれませんが、これは一つの愛の形だと思います」と理解を示し、「父の作品で仕事を始めたせいもあり、2、3テイクで満足してくれるような監督との仕事は恐ろしいものです」とも述べた。
ただ、10年ほど前から2台のカメラで撮影するようになってからは、撮影効率が上がり、テイク数も減ってきているという。
 
IMG_1496S.JPG 作品の中では音楽がほとんど使われていないが、「音楽を付けないところから始めた」という監督。「俳優たちの声にメロディーがあって、演技の中に音楽的なものがあれば、音楽を付け加える必要はない」ということらしいが、結果的にフィリップ・サルドという素晴らしい作曲家と出会い、彼の曲を自分の作品に使うことになったという。
このような演出を重ね、一つの作品を作り上げていく監督だが、出来上がった完成作を見た時の感想を訊かれると、「自分の完成作を見ることは絶対にありません」とキッパリ。編集し終わった完成作を見ると、いつもひどいカタストロフィーに陥ってしまうからなのだそう。
 
IMG_1506S.JPG 一番辛かったシーンについて訊かれたルーさんは、「自分のアパートに元カレのルイを招く」シーンを振り返った。ワンカットで色んな部屋を動きまわる長いシーンで、監督からは「時間をなるべく長く引き延ばしてほしい」という指示があったそうだ。二人の若いカメラマンが息切れしながら撮っているのが聞こえたという。「セリフも動きも多く、常に2つのカメラを意識しながら、だんだん不機嫌になっていくアヤの演技をしなければならない、とても難しいシーンでした。撮り終わった時は倒れてしまいました。このようなシーンを撮るのは辛いですが、快いものでもあります。家に帰ってぐっすりと眠ることができますから(笑)」とユーモアを交えながら語り、会場の笑いを誘った。
 
IMG_1605S.JPG 最後に、監督も「この後、皆さん募金をしてください。まだ配給が決まっていないので、募金をしてこの映画を買うお金にしたいと思います」とジョークを残し、大きな笑いと拍手を受けながら会場を後にした。
 
京都シネマでは26日(水)、福岡KBCシネマでは29日(土)に再度上映が予定されている。ぜひこの機会にドワイヨン父娘が作り上げた愛すべきラブコメディを味わってほしい。
 
(取材・文:鈴木自子、撮影:白畑留美)
 
710A0235S.JPGIMG_1460S.JPGIMG_1490S.JPGIMG_1491S.JPG
IMG_1617S.JPGIMG_1641S.JPG
IMG_1591S.JPGIMG_1631S.JPG




20th アニバーサリー フランス映画祭 プログラムPDFダウンロード プレス お問い合わせ プライバシーポリシー