最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト レポート チケット アクセス 地方上映情報



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『恋のときめき乱気流』トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『タイピスト!』(原題:Populaire)トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『母の身終い』トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『椿姫ができるまで』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『黒いスーツを着た男』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『アナタの子供』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『森に生きる少年〜カラスの日々〜』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『ローラ』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『わたしはロランス』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)短編作品集より『からっぽの家』舞台挨拶



REPORT 2013.06.21

6/21(金)『遭難者(仮)』『女っ気なし(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.21

『テレーズ・デスケルウ』レビュー



REPORT 2013.06.21

6/21(金)オープニングセレモニー、『In the House (英題)』トークショー



REPORT 2013.05.13

「フランス映画祭2013」ラインナップ&来日アーティスト発表記者会見




twitter

twitter

twitter facebook rss

6/24(月)『母の身終い』トークショー



REPORT 2013.06.24

IMG_0156S.JPG 6月24日(月)、有楽町朝日ホールで『母の身終い』が上映された。重い病を患った母と刑務所から出所したばかりの息子を主人公に、不器用な親子の絆を描いた本作。深い感銘を受けた客席からは、すすり泣く声も。上映後には、ステファヌ・ブリゼ監督と母親役で主演したエレーヌ・ヴァンサンさんが登壇し、Q&Aを開催。"尊厳死"という重い題材を扱った作品に、数々の質問が寄せられた。

710A0402S.JPG観客の盛大な拍手に迎えられて登壇したステファヌ・ブリゼ監督とエレーヌ・ヴァンサンさん。"一言挨拶を"と促されたブリゼ監督が、手にしていたスマートフォンから"ミナサン、コンニチハ"と機械音声による日本語メッセージを流すと、観客は爆笑。映画の余韻を引きずり、やや厳粛な雰囲気に包まれていた会場が、茶目っ気たっぷりのこの行動で一気に和んだ。
 
IMG_0150S.JPGまず、司会を務めた東京フィルメックス・プログラミング・ディレクターの市山尚三さんからの質問に答える形で、ブリゼ監督が作品に込めた思いを打ち明けた。「若い頃、自分が胸の中に抱えていた怒りが、やまびこのようになって出てきた映画です。」しかし、"尊厳死"を選択しようとする母親を描いたことについては、「大変インパクトのある行為なので、印象に残ったかもしれませんが、あくまでもテーマは母と息子の葛藤です。」と、物語上の手段に過ぎないことを強調した。
 
710A0399S.JPGとはいえ、やはり客席からは"尊厳死"、"自殺ほう助"という題材に、数々の質問が寄せられた。この題材に関しては、以前に見た尊厳死に関するドキュメンタリー映画をヒントにしたとのことで、「それに近い内容を描きたかったので、監督に連絡して使用許可を求めました。」また、劇中でスイスにあるとした尊厳死のための施設については、「"自殺ほう助"が法律で認められているスイスには、25年前から実際にそのような協会が存在し、外国人も受け入れています。」と説明。併せてフランスの現状について、「"自殺ほう助"は禁止されていますが、医師が患者の意見を聞き、延命治療を行なわないようにする傾向にあります。医療の進歩とともに、現代ではどのように死を迎えるか、ということを考えなければならなくなっています。」と語ってくれた。
 
IMG_0247S.JPG一方、静かな佇まいの中に苦悩と哀しみが滲む名演を披露したエレーヌさんは、脚本を初めて読んだ時、最後のページで泣いてしまったそうで、その想いを次のように述べた。「私が母に抱いていた感情と、この作品の母と息子の感情には通じるものがあるような気がして、この役は私のものだと思いました。」さらに、息子を演じたヴァンサン・ランドンさんと初共演した感想については「理想的な共演者でした」と即答。「彼のような俳優と一緒に映画を撮ることができたなんて、夢のようでした。」と、満足げな表情を浮かべた。
 
710A0414S.JPG映画の内容とは裏腹に、端々に冗談を交えて笑いを誘ったブリゼ監督と、なかなか質問する順番が回ってこない観客を気遣う優しさを見せたエレーヌさん。お二人のお陰で終始和やかにQ&Aは進行。司会の市山さんが終了を告げようとすると、ブリゼ監督がそれを遮って「私の映画をご覧いただき、ありがとうございました。」と感謝を述べる一幕も。映画と二人の人柄に魅了された客席からは、ひときわ大きな拍手が送られた。
『母の身終い』は2013年晩秋、シネスイッチ銀座ほか、全国順次公開が予定されている。ぜひとも劇場に足を運んで、心に沁み込む親子のドラマを味わってほしい。
 
(取材・文:井上健一、撮影:白畑留美)
 
710A0392S.JPGIMG_0224S.JPG
710A0424S.JPG710A0425S.JPG710A0435S.JPG710A0459S.JPG




20th アニバーサリー フランス映画祭 プログラムPDFダウンロード プレス お問い合わせ プライバシーポリシー