最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト レポート チケット アクセス 地方上映情報



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『恋のときめき乱気流』トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『タイピスト!』(原題:Populaire)トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『母の身終い』トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『椿姫ができるまで』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『黒いスーツを着た男』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『アナタの子供』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『森に生きる少年〜カラスの日々〜』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『ローラ』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『わたしはロランス』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)短編作品集より『からっぽの家』舞台挨拶



REPORT 2013.06.21

6/21(金)『遭難者(仮)』『女っ気なし(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.21

『テレーズ・デスケルウ』レビュー



REPORT 2013.06.21

6/21(金)オープニングセレモニー、『In the House (英題)』トークショー



REPORT 2013.05.13

「フランス映画祭2013」ラインナップ&来日アーティスト発表記者会見




twitter

twitter

twitter facebook rss

6/24(月)『タイピスト!』(原題:Populaire)トークショー



REPORT 2013.06.24

IMG_0299S.JPG フランス映画祭2013も最終日となった6 月24日(月)、有楽町朝日ホールで『タイピスト!』(原題:Populaire)の上映が行われ、トークショーにレジス・ロワンサル監督とヒロインを務めたデボラ・フランソワさんが登壇した。1950年代のフランスを舞台に、タイプライターの世界大会優勝を目指す女性のサクセス・ストーリーをポップでカラフルな映像で描く本作。心弾むような作品の雰囲気さながら、ロワンサル監督とデボラさんの掛け合いが楽しいトークショーとなった。

IMG_0287S.JPG タイプライターの早打ち大会で勝ち進んだ女性が一世を風靡する。そんな風変わりなストーリーの本作を観ると、「こんな大会、実際にあったのだろうか?」という疑問と好奇心を抱かずにはいられない。まずは、司会進行役の矢田部吉彦・東京国際映画祭プログラムディレクターが、その疑問をゲストの2人に直撃。ロワンサル監督もコンテストの存在は知らなかったそうだが、「フランスのテレビで"タイプライターの歴史"という番組を見て、早打ちコンテストの存在を知ったときに『これはクレイジーだ!映画にできる』と思った」とアイディアの誕生について明かした。「早打ち大会はもともと、メーカーの宣伝として20~30年代に始まったらしいです。フランスで3~4年かけてリサーチを重ね、本物のチャンピオンにも会いました。そうしたなかで、この早打ち大会をベースに『ロッキー』のような"スポ根モノ"の作品ができないかと思って(笑)」と振り返る監督の話を遮るように、フランソワさんが「私って女ロッキーかしら?」と一言。監督から「メンタルはかなりロッキーだよ」と指摘されて会場の笑いを誘っていた。
 
IMG_0407S.JPG 続いて、初めて脚本を読んだときの気持ちを尋ねられたフランソワさん。「絶対にこの役をやりたい!と思った」と率直な感想を述べた後に、「何としても監督を説得しなきゃ。もし必要なら、ほかのライバルをぜんぶ殺して・・・というぐらいの意気込みでした(笑)」と冗談をとばし、キュートなルックスの裏に隠された意外と"武闘派"な一面を披露。そんな彼女の意志の強さがわかるエピソードは他にもあり、「タイピングのシーンは本人が演じているの?」という観客からの質問に、「1シーンだってスタントは使っていません」ときっぱり。「映像の回転速度を速くするなどの処理もしていません。約半年、タイピングのトレーニングを積みました。週に3回ほど私の家にコーチが来て、宿題を与えられるんです。もっと速く、もっと速くというプレッシャーのなか、毎日2~3時間かけて練習しました」と撮影秘話を語り、客席から大きな拍手を受けていた。
 
IMG_0372S.JPG そんな映画のもう一つの主役、タイプライターについて話が及ぶと、監督からは準備段階での苦労話も。「自動車レースと同じで控えも必要。あの時代のタイプライターで同じ型を2台見つけるというのは至難の業でした。結局、世界中探して200台くらい用意したのですが、当時のものですからちょっと古めかしい。でも映画では新しい製品を使っている設定なので、そう見えるように塗り直してもらいました」。タイプライターのみならず、本作は50年代を意識した映画のルック自体が素晴らしいと矢田部ディレクターが伝えると、「観た瞬間に観客が50年代にタイムトリップできるような作品にしたかった」と絵作りにかけた想いを語った。
 
IMG_0357S.JPG ロワンサル監督と夫婦漫才のようなやり取りを見せるデボラさんに、客席からも返答にユーモアが必要とされそうな質問が相次いだこの日のトークショー。「デボラさん自身、もし世界大会があったら優勝できると思える特技は?」という質問に、「フランスには、"何かに一つ秀でたものがある人間は役者になっていない。どれもこれもまあまあできる人が役者になっている"という言い方があるのよ」と切り返してトークセンスの高さをのぞかせていた。
 
IMG_0344S.JPG デボラさんといえば、今年2月に日本公開された、神戸を舞台にした映画『メモリーズ・コーナー』で西島秀俊さん、阿部寛さんと共演していたことも記憶に新しい。最後に観客へのメッセージを求められると、「神戸で阪神・淡路大震災を取材している女性ジャーナリスト役を撮影してから、3年間日本に戻って来ることができなかった。その間に東日本大震災がありました。また気持ちを新たに、こうして私の大好きな日本に戻って来られたことに心から感動しています」と述べ、トークショーを締めくくった。
 
 
710A0556S.JPG 質疑応答では、改行レバーを"チーン!"と戻すタイピストの印象的な動作を再現してというリクエストもあり、「デボラはそこでテニス選手みたいな声を出すんだよ」という監督の"煽り"も手伝って舞台上で再演までしてくれたデボラさん。キュートでポジティブな本作の余韻と2人のウィットに富んだトークで、会場は終始明るい空気に包まれた。
 『タイピスト!』は8月17日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開される。
 
(取材・文:新田理恵、撮影:白畑留美)
 
710A0478S.JPGIMG_0410S.JPG
710A0564S.JPG710A0581S.JPG710A0597S.JPG710A0624S.JPG




20th アニバーサリー フランス映画祭 プログラムPDFダウンロード プレス お問い合わせ プライバシーポリシー