最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト レポート チケット アクセス 地方上映情報



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『恋のときめき乱気流』トークショー



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『タイピスト!』(Populaire)トークショー



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『母の身終い』トークショー



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『椿姫ができるまで』トークショー



REPORT 2013.06.26

6/23(日)『黒いスーツを着た男』トークショー



REPORT 2013.06.26

6/23(日)『アナタの子供』トークショー



REPORT 2013.06.25

6/23(日)『ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.25

6/23(日)『森に生きる少年〜カラスの日々〜』トークショー



REPORT 2013.06.25

6/22(土)『ローラ』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『わたしはロランス』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)短編作品集より『からっぽの家』舞台挨拶



REPORT 2013.06.21

6/21(金)『遭難者(仮)』『女っ気なし(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.21

『テレーズ・デスケルウ』レビュー



REPORT 2013.06.21

6/21(金)オープニングセレモニー、『In the House (英題)』トークショー



REPORT 2013.05.13

「フランス映画祭2013」ラインナップ&来日アーティスト発表記者会見




twitter

twitter

twitter facebook rss

6/22(土)短編作品集より『からっぽの家』舞台挨拶



REPORT 2013.06.22

710A1067S.JPG フランス映画祭2日目の6月22日(土)、有楽町朝日ホールにて短編作品集の上映が行われた。上映前には今回紹介されるうちの1本、『からっぽの家』のマチュー・イポー監督が舞台挨拶に登壇。「日本で初めて自分の作品をこのような形で紹介できることが嬉しい」と喜びを表し、「これは非常にパーソナルな作品で、青年が世界の中で自分の立ち位置、自分の居場所を探す物語です」と同作のテーマを説明した。

710A1073S.JPG 『からっぽの家』の主人公は、17歳の少年ヴァンサン。夏休みに錠前屋の父親の仕事の手伝いで、ある屋敷にやって来る。こっそり忍び込んだ部屋で自分と同年代の少年の写真を目にしたヴァンサンは・・・。
 登場人物それぞれの生活背景やキャラクターに想像をかき立てられる、"余白"の多い20分弱の物語だ。舞台挨拶でイポー監督が語った「なるべく詩的な世界を作りたかった。皆さんにもそんな世界を感じてもらえたら嬉しい」という思惑どおり、生きること、死や別れ、家族といった、人間にとって普遍的ともいえるテーマへの考察が、美しい映像で静かに訴えかけられる。
 
710A1075S.JPG 今年はこの『からっぽの家』を含め、社会派ドラマからアニメーション、人気俳優マチュー・アマルリックの監督作など、バラエティに富んだ計8本の短編映画が上映された。不法移民やドメスティック・バイオレンスといった社会問題、戦争の空しさなど、ハードなテーマを扱った作品が目立ったが、いずれも短編という限られた時間枠の中で、テンポよくスリリングにフランス社会の側面をえぐって見せる。短編映画の製作環境に恵まれたフランスならではの力作揃い。大阪・梅田ガーデンシネマでは25日(火)に再度上映が予定されているので、この機会にぜひフランス短編映画の魅力を発見してほしい。
 
(取材・文:新田理恵、撮影:白畑留美)

710A1082S.JPG




20th アニバーサリー フランス映画祭 プログラムPDFダウンロード プレス お問い合わせ プライバシーポリシー