最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト レポート チケット アクセス 地方上映情報



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『恋のときめき乱気流』トークショー



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『タイピスト!』(Populaire)トークショー



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『母の身終い』トークショー



REPORT 2013.06.27

6/24(月)『椿姫ができるまで』トークショー



REPORT 2013.06.26

6/23(日)『黒いスーツを着た男』トークショー



REPORT 2013.06.26

6/23(日)『アナタの子供』トークショー



REPORT 2013.06.25

6/23(日)『ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.25

6/23(日)『森に生きる少年〜カラスの日々〜』トークショー



REPORT 2013.06.25

6/22(土)『ローラ』トークショー



REPORT 2013.06.25

6/22(土)『わたしはロランス』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)短編作品集より『からっぽの家』舞台挨拶



REPORT 2013.06.21

6/21(金)『遭難者(仮)』『女っ気なし(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.21

『テレーズ・デスケルウ』レビュー



REPORT 2013.06.21

6/21(金)オープニングセレモニー、『In the House (英題)』トークショー



REPORT 2013.05.13

「フランス映画祭2013」ラインナップ&来日アーティスト発表記者会見




twitter

twitter

twitter facebook rss

6/21(金)『遭難者(仮)』『女っ気なし(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.21

710A0986S.JPG6月21日(金)、有楽町のTOHOシネマズ 日劇にて『遭難者(仮)/女っ気なし(仮)』が上映された。短篇『遭難者』と中篇『女っ気なし』の2本から成る本作は、現在フランスで注目されている若手ギヨーム・ブラック監督による劇場公開デビュー作。上映終了後のQ&Aには、ユニフランス・フィルムズのヴァレリ=アンヌ・クリステンさんから「フランスの新しい映画人」と紹介されたブラック監督が登場し、「ここに来られて、とても嬉しい」と日本語で挨拶した。

IMG_0925S.JPG細やかな感情を綴った作品と評したクリステンさんは、切り離して考えることのできない2作品の製作の経緯について監督に訊ねた。監督はロケ地となったフランス北部のオルトという町をとても気に入り、監督の友人である俳優ジュリアン・リュカさんとヴァンサン・マケーニュさんの2人を起用して撮ろうと考え、4年前に『遭難者』を撮影。また『女っ気なし』は、マケーニュさんと再度組み、異なる季節の同じ場所で女性を絡ませた物語として製作したそうだ。
 
IMG_0886S.JPG続いて観客との質疑応答に移ると、本作がフランスでどのように受け入れられたかという質問が出された。これに対して監督は、「2本とも短い作品なので、撮影当時は映画館での上映は期待していませんでした。それが配給の目に留まって、劇場で上映されるようになり、批評家に高く評価してもらいました。やがてパリからフランス国内での上映に拡大し、こうして日本でも上映されることになり、ありがたく思います」と感慨深げに語った。
 
人が抱える寂しさや虚しさがテーマの本作。舞台となった町のメランコリックな部分をテーマと意図的に重ね合わせ、監督自身が撮影当時に感じていた孤独をオルトという町に移し替えたのだそうだ。
 
IMG_0898S.JPG次に、ときに難しいと感じるフランス映画を楽しむためのアドバイスを観客から求められると、「まずフランス語を勉強していただくことでしょうか」と笑って答えた監督。監督自身も日本映画を見ながら登場人物やその生き方に違和感を覚えることがあるそうで、それでも作品の底に流れるものや監督が伝えようとすることは理解できることを例に挙げ、「文化や環境が違っていても普遍性を理解して欲しい」と語った。
 
さらに出演する俳優陣について話が及んだ。『女っ気なし』のロール・カラミーさんは演劇出身で映画初出演。監督はシナリオを書く数か月前にマケーニュさんの紹介でカラミーさんと出会い、2人の物語を書こうと決めたそうだ。そして、「この作品はヴァンサン・マケーニュのために書いたようなもの。『遭難者』以前の彼は端役が多かったのですが、今や業界で引っ張りだこの存在。今年のカンヌ国際映画祭では彼が出演した長編映画が多く上映され、今後も期待される若手俳優」とマケーニュさんを絶賛。監督の次回作でもマケーニュさんが主演を務める。
 
IMG_0932S.JPGそのマケーニュさん演じるシルヴァンのキャラクター形成について問われると、監督自身がシルヴァンに投影されており、小物使いなど細部にこだわりがあるとの答え。劇中に映りこんでいたムーミンのポストカードについての指摘を受け、「ムーミンはロメールやロジエよりも私に大きな影響を与えてくれました。ムーミンの物語は優しく単純ですが、男女が一緒にいることの難しさを語っています」と、そのこだわりの一部を明かしてくれた。シルヴァンのキャラクターは簡単に言い表すことのできない余韻を残しているとも説明した。さらに監督は、ニーチェの伝記を読んでいたマケーニュさんが、大失恋をしたニーチェが田舎にこもって作品を書いたという事実に自身を重ねていた様子を、撮影中のエピソードとして紹介してくれた。
 
ここで閉館時間が迫りトークショーは終了。レイトショー後の遅い時間にも関わらず多くの観客から熱い関心が寄せられ、ひとつひとつ丁寧に応じる監督の姿が印象的だった。本作は、今秋、ユーロスペースにて公開予定。フランス映画界の新しい才能に出会う機会として、ぜひ劇場に足を運んでほしい。
 
(取材・文:海野由子、撮影:白畑留美)




20th アニバーサリー フランス映画祭 プログラムPDFダウンロード プレス お問い合わせ プライバシーポリシー