最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト レポート チケット アクセス 地方上映情報



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『恋のときめき乱気流』トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『タイピスト!』(原題:Populaire)トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『母の身終い』トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『椿姫ができるまで』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『黒いスーツを着た男』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『アナタの子供』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『森に生きる少年〜カラスの日々〜』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『ローラ』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『わたしはロランス』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)短編作品集より『からっぽの家』舞台挨拶



REPORT 2013.06.21

6/21(金)『遭難者(仮)』『女っ気なし(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.21

『テレーズ・デスケルウ』レビュー



REPORT 2013.06.21

6/21(金)オープニングセレモニー、『In the House (英題)』トークショー



REPORT 2013.05.13

「フランス映画祭2013」ラインナップ&来日アーティスト発表記者会見




twitter

twitter

twitter facebook rss

6/24(月)『恋のときめき乱気流』トークショー



REPORT 2013.06.24

IMG_0444S.JPG映画祭最終日の最終回、TOHOシネマズ日劇にて『恋のときめき乱気流』が上映され、主演女優のリュディヴィーヌ・サニエさんが来場した。同作はサニエさんにとって初挑戦となるラブコメディ。深夜にもかかわらず、5年ぶりの来日に会場はファンで埋め尽くされ、上映後のQ&Aは大いに盛り上がった。「私にとってこの5年間は苦しいものでしたが、ようやく今夜、この魔法のような東京で皆さんに会うことができ、とても嬉しく思います。映画を観てくださった皆さん一人一人に感謝します」と挨拶したサニエさんに、客席から盛大な拍手が送られた。

IMG_0479S.JPG今回初めて純粋なラブコメディに挑戦したというサニエさん。「面白くて、生き生きとしたこの作品に没頭した」とのことだが、出演を引き受けた理由については「人生には軽いものを必要とする時もあり、このシナリオを読んだ時、まさにそのタイミングだと感じたから」と語った。
本作でサニエさんとともに主演を務めた元カレ役のニコラ・ブドスさんは、フランス国内ではコメディアンや戯曲家としてよく知られているという。サニエさん曰く、じつは彼はとても精緻(せいち)で真面目な人なのだとか。それがまた役柄とのギャップとなり可笑しかったそうだが、ブドズさん本人は撮影にとても集中していたという。緊張をほぐすために冗談を言い合ったりする通常の映画の撮影とは違って、コメディの現場には独特な雰囲気があったとサニエさんは語る。「コメディはリズム感がとても重要なので、出演者はみんなエネルギーを集中させながら、作品のリズムというものを作り上げていくんです」。
 
IMG_0440S.JPG 冒頭のシーンはニューヨークが舞台となるが、最も楽しい撮影だったそうだ。「ブルックリンにある典型的な家から出て、ニューヨークならではの黄色いタクシーに乗る。まるで自分がアメリカ映画に出ているような気分でワクワクしました」。一方でエッフェル塔の撮影は「とても寒かったし辛かった」と漏らし、階段でつまずいて肋骨を折ってしまったというエピソードを明かした。それでも限られた撮影時間を変えることはできず、イルミネーションされる深夜0時から朝7時にかけての1時間にたった1度しかないチャンス、つまり計7テイクでそのシーンを撮らなければならかったそうだ。最高にロマンティックなシーンが、そのような苛酷な状況のなかで行われていたということに観客は驚いている様子だった。
 
IMG_0495S.JPG ラブコメディということもあり、客席からはサニエさんやフランス女性の恋愛観に関する質問も相次いだ。少し考え込んだり、天を仰いだりと様々な表情を見せながら、愛嬌たっぷりに答えて観客を魅了していたサニエさん。「真の愛はどうやって見つけるのでしょう」と問いには、「もしその答えを知っていたら、人類はもっとうまくいくでしょう(笑)。残念ながらまだ見つかっておりませんが、個人的には"そういう時"が来るのではないかと思っています」と答え、また「映画のようなシチュエーションになった場合、サニエさんならどうしますか」という質問には、「映画が面白いのは、人生でほとんど起こりえないからだと思っています。だからこそ感動を与えてくれるのだと思いますが、もしあり得たとしても、私の場合は相手に対して礼儀正しく対応するだけで、それ以上のことはないと思います」と、意外にも?現実的な考えを示した。
フランス女性の恋愛観については、フランスの作家アルフレッド・ド・ミュッセの戯曲の言葉「私はしばしば苦しんだ。そして裏切ったこともある。しかし私は愛した。だから私は生きた」を引用し、さらには本作のヒロインの行動にも呼応しているのではないかと見解を語った。
 
710A0642S.JPG ヒロインのジュリーを演じるにあたってのアプローチについても質問も寄せられた。アーティストであるジュリーの役作りについては、映画で用いられている芸術作品の作者であるフランス人アーティストとともに準備をしたという。ジュリーが創作することについて「現実というのはとても脆いから、それだけではダメなんだという彼女の考えを示している」と説明。ブドスさんを裸にして彫刻作品を作るシーンはとても楽しんだようだ。
また衣装選びについても、スタイリストと細かく話合いながら準備したそうで、『ティファニーで朝食を』『めぐり逢えたら』『セックス・アンド・ザ・シティ』などのラブコメのヒロインを挙げながら、「彼女たちには、自分の見せ方に気を配り、独立した女性でありながら少女っぽい部分も持ち合わせているという共通点があります。ジュリーもそういう女性だと思うんです」と語った。
 
710A0522S.JPG 最後にトークを締めくくるメッセージを求められたサニエさんは、笑顔とともに日本語で「またね!」と応え、笑いと万雷の拍手に包まれて会場を後にした。
今年はこの後も3本の映画撮影を控えているほか、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査委員を務めるなど、名実ともにフランスを代表する女優として幅広い活躍をみせるサニエさん。まずは出演作の公開を望むところだが、またいつか来日してくれることを期待したい。
 
(取材・文:鈴木自子、撮影:白畑留美)
 
IMG_0461S.JPGIMG_0475S.JPG
710A0516S.JPG710A0526S.JPG710A0530S.JPG710A0534S.JPG




20th アニバーサリー フランス映画祭 プログラムPDFダウンロード プレス お問い合わせ プライバシーポリシー