最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト レポート チケット アクセス 地方上映情報



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『恋のときめき乱気流』トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『タイピスト!』(原題:Populaire)トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『母の身終い』トークショー



REPORT 2013.06.24

6/24(月)『椿姫ができるまで』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『黒いスーツを着た男』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『アナタの子供』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.23

6/23(日)『森に生きる少年〜カラスの日々〜』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『ローラ』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)『わたしはロランス』トークショー



REPORT 2013.06.22

6/22(土)短編作品集より『からっぽの家』舞台挨拶



REPORT 2013.06.21

6/21(金)『遭難者(仮)』『女っ気なし(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.21

『テレーズ・デスケルウ』レビュー



REPORT 2013.06.21

6/21(金)オープニングセレモニー、『In the House (英題)』トークショー



REPORT 2013.05.13

「フランス映画祭2013」ラインナップ&来日アーティスト発表記者会見




twitter

twitter

twitter facebook rss

6/24(月)『恋のときめき乱気流』トークショー



REPORT 2013.06.24

IMG_0444S.JPG映画祭最終日の最終回、TOHOシネマズ日劇にて『恋のときめき乱気流』が上映され、主演女優のリュディヴィーヌ・サニエさんが来場した。同作はサニエさんにとって初挑戦となるラブコメディ。深夜にもかかわらず、5年ぶりの来日に会場はファンで埋め尽くされ、上映後のQ&Aは大いに盛り上がった。「私にとってこの5年間は苦しいものでしたが、ようやく今夜、この魔法のような東京で皆さんに会うことができ、とても嬉しく思います。映画を観てくださった皆さん一人一人に感謝します」と挨拶したサニエさんに、客席から盛大な拍手が送られた。





6/24(月)『タイピスト!』(原題:Populaire)トークショー



REPORT 2013.06.24

IMG_0299S.JPG フランス映画祭2013も最終日となった6 月24日(月)、有楽町朝日ホールで『タイピスト!』(原題:Populaire)の上映が行われ、トークショーにレジス・ロワンサル監督とヒロインを務めたデボラ・フランソワさんが登壇した。1950年代のフランスを舞台に、タイプライターの世界大会優勝を目指す女性のサクセス・ストーリーをポップでカラフルな映像で描く本作。心弾むような作品の雰囲気さながら、ロワンサル監督とデボラさんの掛け合いが楽しいトークショーとなった。





6/24(月)『母の身終い』トークショー



REPORT 2013.06.24

IMG_0156S.JPG 6月24日(月)、有楽町朝日ホールで『母の身終い』が上映された。重い病を患った母と刑務所から出所したばかりの息子を主人公に、不器用な親子の絆を描いた本作。深い感銘を受けた客席からは、すすり泣く声も。上映後には、ステファヌ・ブリゼ監督と母親役で主演したエレーヌ・ヴァンサンさんが登壇し、Q&Aを開催。"尊厳死"という重い題材を扱った作品に、数々の質問が寄せられた。





6/24(月)『椿姫ができるまで』トークショー



REPORT 2013.06.24

IMG_0055S.JPG6月24日(月)、有楽町朝日ホールで『椿姫ができるまで』が上映され、上映後のQ&Aには、監督のフィリップ・ベジアさんと、演出家のジャン=フランソワ・シヴァディエさんが登壇した。本作は、2011年のエクサン・プロヴァンス音楽祭で上演されたヴェルディのオペラ「椿姫」の製作過程を追ったドキュメンタリー作品。





6/23(日)『黒いスーツを着た男』トークショー



REPORT 2013.06.23

IMG_1770S.JPG 23日、有楽町朝日ホールにて開催中の「フランス映画祭2013」で『黒いスーツを着た男』が上映され、カトリーヌ・コルシニ監督と主演俳優のラファエル・ペルソナさんが来場した。本作は、犯すつもりのなかった罪を背負った美しき犯罪者と二人の女の運命を描いたサスペンス。上映直後、アラン・ドロンの再来といわれるラファエルさんが「来てくださってありがとう!」と日本語で挨拶すると、客席から大きな拍手が沸き起こった。





6/23(日)『アナタの子供』トークショー



REPORT 2013.06.23

IMG_1514S.JPG フランス映画祭3日目の23日、有楽町朝日ホールにて『アナタの子供』が上映され、ジャック・ドワイヨン監督とその愛娘でモデル、女優そして歌手でもあるルー・ドワイヨンさんが来場した。主演を務めたルーさんは、母親でありながら二人の男性の間を行き来する奔放なヒロインを好演。上映直後、ドワイヨン父娘が登壇すると、会場からは盛大な拍手が沸き起こった。





6/23(日)『ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.23

IMG_1397S.JPG6月23日(日)、有楽町朝日ホールにて『ウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男(仮)』が上映され、上映後のQ&Aにはバレリア・サルミエント監督が登壇し、会場から拍手で迎えられた。まず、司会を務める東京フィルメックスの市山尚三プログラミング・ディレクターからサルミエント監督の紹介。サルミエント監督は、昨年20thアニバーサリー フランス映画祭で上映された『ミステリーズ 運命のリスボン』のラウル・ルイス監督のパートナーで、70年代からフランスをベースにルイス監督作品の編集に携わると同時に、監督としていくつかの作品も手がけている。今回が初めての来日というサルミエント監督は、「東京に来る機会を得て、皆さんとお会いできて嬉しく思います」と挨拶。





6/23(日)『森に生きる少年〜カラスの日々〜』トークショー



REPORT 2013.06.23

IMG_1373S.JPG 6月23日(日)、有楽町朝日ホールにて『森に生きる少年 ~カラスの日~』を上映。森の奥深くで父親に育てられた少年が、人間の街に出て成長してゆく姿を幻想的な映像とともに描き、世界最大級のアニメーション映画祭"アヌシー国際アニメーション映画祭"で評判を呼んだ作品である。終了後、ジャン=クリストフ・デッサン監督によるQ&Aが行なわれ、その美しい映像と示唆に富む物語を堪能した客席から、質問が寄せられた。





6/22(土)『ローラ』トークショー



REPORT 2013.06.22

IMG_1297S.JPG 6月22日(土)、有楽町朝日ホールにて『ローラ』デジタル修復完全版を上映。この作品は"ヌーヴェル・ヴァーグの真珠"とも呼ばれ、後に『シェルブールの雨傘』などを手掛けるジャック・ドゥミ監督が1961年に発表した長編デビュー作である。2012年にデジタル修復されて蘇ったその美しい映像を、多くの観客が堪能。終了後には東京フィルメックス・プログラミング・ディレクターの市山尚三さんを聴き手に、批評家・秦早穂子さんのトークショーが開催され、『ローラ』とヌーヴェル・ヴァーグに関する思い出を語っていただいた。





6/22(土)『わたしはロランス』トークショー



REPORT 2013.06.22

IMG_1159S.JPG 有楽町朝日ホールで6月22日(土)、撮影時23歳の若き俊英グザヴィエ・ドラン監督による『わたしはロランス』が上映され、終映後に本作で主人公の母親を演じた今年の本映画祭団長ナタリー・バイさんを招いたQ&Aが行われた。
 2001年にやはり団長として来日して以来、実に12年ぶりのフランス映画祭参加となるナタリーさんの登場とあって、客席はほぼ満員。観客は、ナタリーさんが"小さな天才"と称するドラン監督や主演のメルヴィル・プポーさんとの撮影エピソードなどに熱心に耳を傾けた。





6/22(土)短編作品集より『からっぽの家』舞台挨拶



REPORT 2013.06.22

710A1067S.JPG フランス映画祭2日目の6月22日(土)、有楽町朝日ホールにて短編作品集の上映が行われた。上映前には今回紹介されるうちの1本、『からっぽの家』のマチュー・イポー監督が舞台挨拶に登壇。「日本で初めて自分の作品をこのような形で紹介できることが嬉しい」と喜びを表し、「これは非常にパーソナルな作品で、青年が世界の中で自分の立ち位置、自分の居場所を探す物語です」と同作のテーマを説明した。





6/21(金)『遭難者(仮)』『女っ気なし(仮)』トークショー



REPORT 2013.06.21

710A0986S.JPG6月21日(金)、有楽町のTOHOシネマズ 日劇にて『遭難者(仮)/女っ気なし(仮)』が上映された。短篇『遭難者』と中篇『女っ気なし』の2本から成る本作は、現在フランスで注目されている若手ギヨーム・ブラック監督による劇場公開デビュー作。上映終了後のQ&Aには、ユニフランス・フィルムズのヴァレリ=アンヌ・クリステンさんから「フランスの新しい映画人」と紹介されたブラック監督が登場し、「ここに来られて、とても嬉しい」と日本語で挨拶した。





『テレーズ・デスケルウ』レビュー



REPORT 2013.06.21

13_therese-desqueyrouxS.jpg 二人の少女が戯れる、ある夏の日々。物語はテレーズがアンヌと過ごす少女時代から始まる。幸福の微光に包まれた、汚れのない時間。クロード・ミレール監督ならではの瑞々しい映像感覚が存分に発揮されたオープニングである。しかしその直後、不穏な空気とともに画面に緊張感が漂いはじめる。松林の奥深くで、目の当たりにする"捕われた鳥"。テレーズの目に"自由を奪われたものの象徴"として映るそれは、彼女のその後の運命をも暗喩していたのだった。
原作はノーベル賞作家フランソワ・モーリアックの同名小説。これまでも人の心の深淵に焦点を当ててきたミレール監督が、遺作となった本作で「テレーズ・デスケルウ」を題材に選んだのは感慨深い。テレーズは自分を偽る生き方を強いられながらも、生涯を通じて "内なる自由"を奪われることに抵抗しつづけた女性なのである。





6/21(金)オープニングセレモニー、『In the House (英題)』トークショー



REPORT 2013.06.21

710A0844S.JPG6月21日、フランス映画祭2013が開幕。有楽町朝日ホールで行われたオープニングセレモニーに続き、オープニング作品としてフランソワ・オゾン監督の『In the House』(英題)が上映され、終了後には監督と主演のエルンスト・ウンハウワーさんによるQ&Aが行なわれた。団長ナタリー・バイさんを始めゲストが一堂に会し、日本でも人気の高いフランソワ・オゾン監督のQ&A登壇ということで、平日夜にもかかわらず多くの観客が詰めかけ、賑わいを見せた。
 





「フランス映画祭2013」ラインナップ&来日アーティスト発表記者会見



REPORT 2013.05.13

6S.jpg 5月10日、アンスティチュ・フランセ日本にて「フランス映画祭2013」ラインナップ&来日ゲスト発表記者会見が行われた。クリスチャン・マセ駐日フランス大使による挨拶の後、ユニフランス・フィルムズ東京支局のヴァレリ=アンヌ・クリステン支局長より、上映作品および来日アーティストなどが発表された。また、アンスティチュ・フランセ日本の坂本安美映画プログラム主任からは、同映画祭の関連企画「ナタリー・バイ特集」にて上映される作品の一部が紹介された。途中、今年の映画祭団長として来日する女優ナタリー・バイからのビデオレターが上映され、日本のファンに向けたメッセージが届けられた。
 





20th アニバーサリー フランス映画祭 プログラムPDFダウンロード プレス お問い合わせ プライバシーポリシー