最新情報 上映作品 スケジュール イベント ゲスト レポート チケット アクセス 地方上映情報



来日アーティストによるサイン会開催情報
今年も映画祭開催期間中に来日アーティストによるサイン会を開催します。 ...more 来日アーティストによるサイン会開催情報



映画祭オフィシャルレストラン Barbara Le mieux にて映画祭限定メニュー登場!
今年は、映画のような、ドラマチックな、ロマンチックな出来事で生まれたクレープをご用意いただきました! ...more 映画祭オフィシャルレストラン Barbara Le mieux にて映画祭限定メニュー登場!



女優リュディヴィーヌ・サニエ&俳優エルンスト・ウンハウワーが阪急メンズ東京に登場!!
フライデージャズナイトの最終回に、映画祭のために来日した若手俳優たちが登場。トークショーを行います! (c) uniFrance ...more 女優リュディヴィーヌ・サニエ&俳優エルンスト・ウンハウワーが阪急メンズ東京に登場!!



監督のデザイン画などのプレゼント付き(限定数)上映回のご案内!
上質な香りのソープ、監督のデザイン画等のプレゼント付き(限定数)上映回も!ご来場お待ちしております! ...more 監督のデザイン画などのプレゼント付き(限定数)上映回のご案内!



Meet the Filmmaker : フランソワ・オゾン 「フランス映画の魅力を語ろう」
第一線で活躍する映画作家の生の声が聞ける人気イベントにフランソワ・オゾン監督が登場! ...more Meet the Filmmaker : フランソワ・オゾン 「フランス映画の魅力を語ろう」



代官山蔦屋書店1号館にてフランス映画祭 特設コーナー展開中!
代官山蔦屋書店1号館 2階 映像フロア にて「フランス映画祭 開催記念!」の特設コーナーを展開中です。 ...more 代官山蔦屋書店1号館にてフランス映画祭 特設コーナー展開中!



フライデージャズナイトがフランスに染まる!"フランスワインを手にフランスを味わおう!"
阪急メンズ東京の名物イベント「フライデージャズナイト」。6月は映画祭とコラボレーションしてお届けします! ...more フライデージャズナイトがフランスに染まる!



フランス映画祭 2013 特別プログラム ナタリー・バイ特集
7回目を迎えるフランス映画祭特別プログラム。今年は団長として来日するナタリー・バイを特集します。 ...more フランス映画祭 2013 特別プログラム ナタリー・バイ特集



大人気のパン屋PAULにてプレゼントキャンペーン実施!
フランスの老舗パン屋PAULでオリジナルミニトートバック他、プレゼントキャンペーンを実施! ...more 大人気のパン屋PAULにてプレゼントキャンペーン実施!



フランス映画祭上映作品紹介展  小田急百貨店 新宿店にて開催中
小田急百貨店 新宿店にて上映作品のオリジナルポスターを展示中。新宿へお越しの際はぜひお立ち寄りください。 ...more フランス映画祭上映作品紹介展  小田急百貨店 新宿店にて開催中



フランス月間!2013  WOWOWシネマにてオンエア!
映画祭の開催にあわせ、WOWOWシネマならではの計31本のボリュームでフランス映画を大特集! ...more フランス月間!2013  WOWOWシネマにてオンエア!




twitter

twitter

twitter facebook rss

来日アーティストによるサイン会開催情報



今年も映画祭期間中に来日アーティストによるサイン会を開催します。
詳細については下記の予定となっております。

●該当作品のチケットをお持ちの方のみ、サイン会にご参加いただけます。
●サイン会の入場には整理券(シール)が必要となります。
 整理券お渡し時にチケットをご提示ください。整理券(シール)を貼らせていただきます。
●整理券の配布については、下記となります。 *実施日分のみ配布
  ・配布時間 :6月21日(金) 16:30~
          6月22日(土)~24日(月) 10:20~
  ・配布場所 : 有楽町朝日ホール(11F) 総合案内
※整理券は予定枚数(各回:約80枚)を配布次第、終了となります。

★サイン会 スケジュール
※実施時間やゲストは事情により、予告なくキャンセルや変更となる場合もございます。予め、ご了承ください。
※開催場所が「Barbara Le mieux(バルバラ ルミュウ)」の場合でも、整理券は有楽町朝日ホール 総合案内での配布となります。
※サインはおひとりにつき、1点まででお願いいたします。


開催日 時間 来日アーティスト 開催場所
6/21(金) 20:10~ 『遭難者(仮)』/『女っ気なし(仮)』
ギヨーム・ブラック(監督)
Barbara Le mieux
(ルミネ有楽町店 8F)
21:00~ 『In the House(英題)』
フランソワ・オゾン(監督)
エルンスト・ウンハウワー(主演)
Barbara Le mieux
(ルミネ有楽町店 8F)
6/22(土) 13:30~ 短編作品集より『からっぽの家』
マチュー・イポー(監督)
有楽町朝日ホール
ロビー
17:30~ 『わたしはロランス』
ナタリー・バイ(出演)
有楽町朝日ホール
ロビー
6/23(日) 13:15~ 『森に生きる少年~カラスの日~』
ジャン=クリストフ・デッサン(監督)
有楽町朝日ホール
ロビー
17:20~ 『ウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男(仮)』
バレリア・サルミエント(監督)
有楽町朝日ホール
ロビー
20:00~ 『黒いスーツを着た男』
カトリーヌ・コルシニ(監督)
ラファエル・ペルソナ(主演)
Barbara Le mieux
(ルミネ有楽町店 8F)
20:50~ 『アナタの子供』
ジャック・ドワイヨン(監督)
ルー・ドワイヨン(主演)
Barbara Le mieux
(ルミネ有楽町店 8F)
6/24(月) 13:40~ 『椿姫ができるまで』
フィリップ・ベジア(監督)
ジャン=フランソワ・シヴァディエ(出演/演出家)
有楽町朝日ホール
ロビー
17:00~ 『母の身終い』
ステファヌ・ブリゼ(監督)
エレーヌ・ヴァンサン(主演)
有楽町朝日ホール
ロビー
20:00~ 『恋のときめき乱気流』
リュディヴィーヌ・サニエ(主演)
Barbara Le mieux
(ルミネ有楽町店 8F)
20:50~ 『Populaire(原題)』(邦題:タイピスト!)
レジス・ロワンサル(監督)
デボラ・フランソワ(主演)
Barbara Le mieux
(ルミネ有楽町店 8F)
FFF2013_logo.jpg



映画祭オフィシャルレストラン Barbara Le mieux にて映画祭限定メニュー登場!



フランス映画祭×バルバラルミュウ のコラボレーションも今回で2回目です。
今年は、映画のような、ドラマチックな、ロマンチックな出来事で生まれたクレープをご用意いただきました!また、店内にはフランス映画祭2013上映作品ポスターも展示されています。
映画を観たら、バルバラ ルミュウへ!


★フランス映画祭2013タイアップ 限定メニュー           クレープ シュゼット 690円
みなさんはクレープの由来をご存じですか・・・?
19世紀にフランスで活躍した料理人、アンリ・シャルパンティエ。
彼が見習いだった頃、恋人シュゼットのためのオレンジのデザートを用意していたときのこと。手違いでグランマルニエというアルコールに火がついてしまい、偶然濃厚なカラメルソースができたことで生まれたという幸せなスイーツなんです。

そんな幸せのスイーツ、クレープ。
今回ご用意いただいた、もちもちのクレープ生地にしみこませた甘くほろ苦いカラメルソースと、ふわりと駆けぬけるオレンジの香り、つめたいバニラアイスが奏でるマリアージュをぜひご堪能ください。

★映画祭半券提示サービス
映画祭の半券をお持ちのお客さまにいずれか1つプレゼント!
1)ランチタイムはハーフデザート
2)デザートのご利用で1ドリンク
3)お食事のご利用で1ドリンク

●実施期間 : 2013年6/17(月)~6/24(月)
●場所 : ルミネ有楽町店 ルミネ1・8F  
お店情報≫
●営業時間 : 11:00~23:00  (Orderstop 22:00)
B_LemieuxTATE.jpg




女優リュディヴィーヌ・サニエ&俳優エルンスト・ウンハウワーが阪急メンズ東京に登場!!



今年の映画祭開催を記念して6月をフランス1色に染めあげ好評をいただいております、阪急メンズ東京の名物イベント「フライデージャズナイト」。
その最終回に、「フランス映画祭2013」のために来日したフランスを代表する女優リュディヴィーヌ・サニエと正統派美男子として注目の若手俳優エルンスト・ウンハウワーが、登場します!

『8人の女たち』、『スイミング・プール』で一躍スターとなり、ハリウッド進出も果たしたコケティッシュな魅力のリュディヴィーヌ・サニエ。2013年フランス映画祭出品『恋のときめき乱気流』に主演しています。
エルンスト・ウンハウワーは、今年のオープニング作品として話題のフランソワ・オゾン監督『In the House(英題)』にて、リュミエール賞で新人男優賞を受賞。

フランスを代表する若手俳優たちによるトークショーで俳優たちのオーラを間近に感じてください。

≪スペシャルトークショー≫
Event_Hankyu_0621.jpg●日時 : 2013年 6月21日(金) 19:10~
●場所 : 阪急メンズ東京 1階エントランススペース
●登壇予定者
リュディヴィーヌ・サニエ、エルンスト・ウンハウワー 他
※イベント内容は予告なく変更になる場合がございます。ご了承くださいませ。

≪「フライデージャズナイト」スペシャルバージョン≫
フライデージャズナイトがフランスに染まる!"フランスワインを手にフランスを味わおう!"

●日時 : 2013年 6月21日(金) 18:30~19:10
●場所 : 阪急メンズ東京 1階エントランススペース
●詳細はこちら≫             




監督のデザイン画などのプレゼント付き(限定数)上映回のご案内!



今年は多くのアーティストが来日を予定し、華やかな映画祭となりそうな「フランス映画祭2013」。
そんな映画祭の開催を記念し、アロマオイルやキャンドルなど普段使える香り雑貨を、フランスをはじめとした海外輸入品からオリジナル製品まで数多く扱われているグローバル プロダクト プランニング様から、ソープをご提供いただきました!該当上映回にご来場のお客さまに、先着でプレゼントいたします。
ぜひ、会場で映画とともに上質な香りをお楽しみください。

●先着プレゼント付き 上映回
『短編作品集』 上映日時:6月22日(土) 11:00~   *クイズ形式
★プレゼント
テラプロバンス マルセイユリキッドソープ 500ml オリーブ  70名様
さんさんと降り注ぐ太陽の下で育った、豊かなオリーブのやわらかな香り。
南仏プロバンス地方に代々伝わる、大きい石けん釜を使った製造法で丁寧に作られた液体石けん。肌をさっぱりと洗い上げます。植物性成分、天然グリセリン(保湿成分)配合。着色料、動物性油脂不使用。

『森に生きる少年~カラスの日~』 上映日時:6月23日(日) 11:00~
★プレゼント
ジャン=クリストフ・デッサン監督のデザイン画   先着50名様 *お子さま限定
子ども来場者への特別プレゼントとして、デッサン監督のデザイン画をプレゼント!大変貴重なものです。またこの作品のみ、小学生以下の子ども料金500円を実施!親子で、フランスの良質なアニメーションを楽しむチャンス!
森の奥深く、父との孤独な暮らし。
そこから飛び出し、初めて触れる街の生活で、少年が探し求め、そして見つけたものとは―
監督:ジャン=クリストフ・デッサン
原作:ジャン=フランソワ・ボーシュマン
声の出演:ジャン・レノ、ローラン・ドゥーチェ、イザベル・カレ、クロード・シャブロル、シャンタル・ヌーヴィルト
2012年/フランス/90分  © finalement 2012

『母の身終い』 上映日時:6月24日(月) 14:30~
★プレゼント
カンパニー ド プロバンス エクストラ ピュア マルセイユ石けん 25g (無香料)  先着200名様
マルセイユ石けんの伝統的な製法を用いて誕生した植物性の石けんです。
主原料にパーム油を用い、低刺激でありながらしっとりと洗い上げます。旅行用やゲスト用ソープとしても便利なミニサイズです。香りや使用感のお試し用としてもおすすめです。

『Populaire(原題)』 上映日時:6月24日(月) 17:30~   *クイズ形式
★プレゼント
女性に大人気!スイーツのような爽やかでくせになる甘いアーモンドの香り。
南仏プロバンス地方に代々伝わる、大きい石けん釜を使った製造法で丁寧に作られた液体石けん。肌をさっぱりと洗い上げます。植物性成分、天然グリセリン(保湿成分)配合。着色料、動物性油脂不使用。


<クイズ形式について>
『短編作品集』と『Populaire(原題)』では、プレゼントお渡しの際にスタッフから簡単なクイズを出題いたします。
例えば・・・"あなたが今いらっしゃるのは、○○○○映画祭?"など。
お答えいただいた方70名様にリキッドソープをプレゼントいたします。

※全上映回ともお一人様1つまでとさせていただきます。
※該当上映回のチケットをお持ちの方が対象となります。
※引換の際、該当上映回のチケットのご提示をお願いいたします。また半券にお受取済のマークを押させていただく場合がございます。
FFF2013_web_event_logo.jpg




Meet the Filmmaker : フランソワ・オゾン 「フランス映画の魅力を語ろう」



第一線で活躍する映画作家の生の声が聞ける人気イベント、Meet the Filmmaker。
今回は、フランス映画祭2013のオープニング作品『In the House(英題)』を撮ったフランソワ・オゾン監督を迎えます。フランスでは公開1か月で100万人を超える興行成績を記録した「In the House」をはじめとする主要作品をご紹介しながら、オゾン監督が映画への思いを熱く語ります。ご案内は東京国際映画祭プログラミングディレクターの矢田部吉彦氏。ぜひお気軽にご参加ください。

Apple.jpg●日時 : 6月20日(木) 6:00 p.m. ~ 7:00 p.m.
●場所 : Apple Store, Ginza 3Fシアター  *入場無料
●ゲスト : フランソワ・オゾン監督 (『In the House(英題)』
●MC : 矢田部吉彦さん (東京国際映画祭 プログラミングディレクター)




<プロフィール>
フランソワ・オゾン  Francois OZON
1967年フランス・パリ生まれ。
1990年、国立の映画学校フェミスの監督コースに入学、次々に短編作品を発表し、『サマードレス』(96)でロカルノ国際映画祭短編セクショングランプリを受賞。1999年の『クリミナル・ラヴァーズ』がベネチア国際映画祭に正式出品され、続く『焼け石に水』(00)で、ベルリン国際映画祭 テディ2000賞を受賞。
2001年『まぼろし』がセザール賞の作品賞と監督賞にノミネートされ国際的にも高い注目を集め、翌年『8人の女たち』で、ベルリン映画祭銀熊賞を受賞。その後『スイミング・プール』(03)、『エンジェル』(07)、『しあわせの雨傘』(10)など多種多様な作品を発表し続けている。




代官山蔦屋書店1号館にてフランス映画祭 特設コーナー展開中!



代官山蔦屋書店1号館 2階 映像フロア にて「フランス映画祭 開催記念!」の特設コーナーを展開中です。
カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアールなど過去の団長たちの来日時の写真や2011年にジェーン・バーキンが震災後の日本に向けて贈ったメッセージなどを展示。他にも今年の映画祭に出品する監督や女優たちの関連商品など・・・ひと足先にフランス映画祭を味わえます!

●開催日 : 2013年 6月7日(金)~6月24日(月)
●場 所 : 代官山蔦谷書店1号館 2階  アクセス>>
tsutaya.jpg




フライデージャズナイトがフランスに染まる!"フランスワインを手にフランスを味わおう!"



"毎週金曜日の夕方、ワインを片手にメンズ東京でジャズを楽しむ"
阪急メンズ東京の名物イベント「フライデージャズナイト」が、フランス映画祭とコラボレーション!今年の映画祭開催を記念して、6月のフライデージャズナイトをフランス1色に染め上げます!
金曜の夕方を阪急メンズ東京で、たっぷりとフランス気分に浸ってください。
hankyu_logo.jpg


●開催日 : 2013年 6月7日(金)、14日(金)、21日(金)
●場 所 : 阪急メンズ東京 1F エントランススペース
●時 間 : 18:30~19:10

【6月7日、14日、21日の3日間はフランス三昧!】
■フランス映画やフランスにちなんだ楽曲がずらり!

フランス映画祭コラボレーションのスペシャルバージョンとして、フライデージャズナイトのバンドリーダー 近藤研之さんが選曲、アレンジを手掛けました。

■12の産地のなかから厳選したフランスワインのテイスティングサービス開催!

フランス農水省関連組織であるFranceAgriMerは、日本と中国においてフランスワインの新キャンペーン"フランスワインを手にフランスを味わおう!"を昨年から展開しています。
今年のフランス映画祭にちなんで、阪急メンズ東京のフライデージャズナイトとタイアップします。アルザス、シャンパーニュ、ブルゴーニュ、ボージョレ、ローヌ、ジュラ・サヴォワ、プロヴァンス、コルシカ、ランドック・ルーション、ボルドー、ロワール、南西地方と、フランスが世界に誇る12のワイン産地から厳選したワインのテイスティングを実施します。                

※ワインの産地、銘柄の指定はできません。
※未成年の方のテイスティングはお断りいたします。
※お車でお越しの方のテイスティングも固くお断りいたします。

バラエティ豊かなフランスワインの選び方をご紹介しています。
フランスワイン総合情報サイト
>>http://www.vins-france.com/
同キャンペーン公式Facebookページ
>>https://www.facebook.com/francewine




フランス映画祭 2013 特別プログラム ナタリー・バイ特集



institut_;ogo.jpg今年で、7回目を迎えるフランス映画祭特別プログラムでは、フランス映画祭2013の団長として来日するナタリー・バイを特集します。日本では、1970年代から80年代にかけてのトリュフォー (『アメリカの夜』、『緑色の部屋』)やゴダール(『勝手に逃げろ/人生』『ゴダールの探偵』)作品への出演で知られるナタリー・バイ。その後も順調にキャリアを積み、現在では、カトリーヌ・ドヌーヴやイザベル・ユペールと並んで、フランスで最も成功している女優の一人と言えるでしょう。デビュー時に数多く出演した作家主義的な作品にこだわることなく、大衆的な娯楽作品にも積極的に参加し、その出演作品の幅広さには目を見張るほどです。常に第一線で活躍し、監督や作品の国籍、年齢を問わず(スピルバー グ『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』や、フランス映画祭2013で上映されるグザヴィエ・ドラン『わたしはロランス』など)、あらゆる作品で確かな演技力を示してきました。温かくて親しみやすいイメージ、また、知的で包容力ある微笑を持つナタリー・バイはフランスの国民的女優です。本特集では、ナタリー・バイの持つおおらかで稀有な個性とともに、彼女が体現するフランス映画の多様性もまた発見していただけることでしょう。

●第1期 : 6月21日(金)~23日(日)  ユーロスペース
●第2期 : 6月23日(日)~7月 7日(日) アンスティチュ・フランセ東京
●上映作品
『開いた口』
(フランス/1974年/85分/35ミリ/カラー/無字幕・ 作品解説配布予定)
監督:モーリス・ピアラ
出演:ナタリー・バイ、フィリップ・レオタール、ユベール・デシャン

『緑色の部屋』 
(フランス/1978年/94分/35ミリ/カラー/日本語字幕付)
監督:フランソワ・トリュフォー
出演:ナタリー・バイ、ジャン・ダステ、ジャン=ピエール・デュコス、フランソワ・トリュフォー

『勝手に逃げろ/人生』
(フランス=オーストリア=西ドイツ=スイス/1979年/88分/デジタル上映/カラー/日本語字幕付)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:ナタリー・バイ、イザベル・ユペール、ジャック・デュトロン

『ゴダールの探偵』

(フランス=スイス/1985年/95分/35ミリ/カラー/日本語字幕付)
監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:ナタリー・バイ、ジョニー・アリディ、ローラン・テルジェフ、オレール・ドアザン、ジャン=ピエール・レオー、ジュリー・デルピー
(c) DR

『エステサロン/ヴィーナス・ビューティー』
(フランス/1999年/110分/35ミリ/カラー/日本語字幕付)
監督:トニー・マーシャル
出演:ナタリー・バイ、オードレー・トトゥ、マティルド・セニエ、ビュル・オジェ、サミュエル・ル・ビアン

『ポルノグラフィックな関係』
(フランス=スイス=ベルギー=ルクセンブルク/1999年/80分/35ミリ/カラー/日本語字幕付)
監督:フレデリック・フォンテーヌ
出演:ナタリー・バイ、セルジ・ロペス、ジャック・ヴィアラ、ポール・パヴェル

『マチューの受難』 
(フランス/2000年/105分/35ミリ/カラー/日本語字幕付)
監督:グザヴィエ・ボーヴォワ
出演:ナタリー・バイ、ブノワ・マジメル、フレッド・ユリス

『バルニーのちょっとした心配事』
(フランス/2000年/85分/35ミリ/カラー/日本語字幕付)
監督:ブリュノ・シッシュ
出演:ファブリス・ルキーニ、ナタリー・バイ、マリー・ジラン、ヒューゴ・スピアー

『悪の華』
(フランス/2003年/141分/デジタル上映/カラー/日本語字幕付)
監督:クロード・シャブロル
出演:ナタリー・バイ、ブノワ・マジメル、シュザンヌ・フロン、メラニー・ドゥーテ、ベルナール・ル・コク


*プログラム詳細は近日、アンスティチュ・フランセ日本のHPにアップ予定!
www.intstitutfrancais.jp




大人気のパン屋PAULにてプレゼントキャンペーン実施!



paul_logo.jpg1889年にパンづくりの名職人シャルマニヨ・メイヨによって、フランス北部の町リールに生まれた老舗PAUL。現在も創業当時のレシピと製法を厳格に守り続け、その本場の味が日本でも大人気のPAULで、フランス映画祭2013の開催を記念したプレゼントキャンペーンを実施いただけることになりました!
都内にある各対象店舗へぜひお立ち寄りください。

★フランス映画祭鑑賞券を先着30名様(15組30名様)にプレゼント!
・対象 : 6月12日(水)パンの日限定1,050円(税込)以上お買上げのお客様
・実施店舗 : 神楽坂店・四谷店・六本木一丁目店 (各店舗5組10名様) 
・プレゼント対象作品:(作品はお選び頂けません)
『椿姫ができるまで』  作品詳細≫
『ウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男~ (仮)』  作品詳細≫
『テレーズ・デスケルウ』  作品詳細≫

★お一人につき1個、クロワッサンをプレゼント!
・対象 : フランス映画祭の半券ご持参のお客様
・実施期間 : 6月21日(金)~30日(日)
・実施店舗 : 神楽坂店・青葉台店・あざみ野店・玉川店・京王新宿店・四谷店・六本木一丁目店・北千住店・羽田店・大丸浦和店

★「PAULオリジナル ミニトートバック」をプレゼント!

・対象 : フランス映画祭の半券をご持参&1,050円(税込)以上お買い上げの方、先着20名様
・実施期間 : 6月25日(火)~ (なくなり次第終了)
・実施店舗 : 神楽坂店、四谷店、六本木一丁目店




フランス映画祭上映作品紹介展  小田急百貨店 新宿店にて開催中



小田急百貨店 新宿店 × フランス映画祭2013
フランス映画祭上映作品紹介展

odakyu_logo.jpg
小田急百貨店 新宿店にご協力いただき、今年のフランス映画祭で上映される各作品のオリジナルポスターを、映画祭開催に先がけて展示中です。また、会場では今年の関連ポスターだけでなく、過去のフランス映画祭ポスターや昨年の上映作品ポスターなども展示していますので、どうぞお楽しみに。

そして、会場では「フランス映画祭2013」の開催を記念して、マンハッタンヒルズレストラン街でご飲食いただいたお客さまの中から抽選で、オープニング作品『In the House (英題)』(オープニングセレモニー付)の鑑賞券(チケット引換券)他をプレゼントいたします。新宿へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

●期 間 : 5月29日(水)~6月24日(月)15時まで
●場 所 : 本館12階レストランフロア 「マンハッタンヒルズ」
●展示内容 : フランス映画祭の紹介
   フランス映画祭2013 全上映作品紹介(キャプション付ポスター)
   過去の映画祭&上映作品ポスターの展示
   特別映像の放映(予告編、本年度団長ナタリー・バイ コメント、昨年度記録映像)

★プレゼントキャンペーン
・応募期間 : 2013年6月11日(火)まで
・対象店舗 : 本館10階~14階 マンハッタンヒルズ レストラン&カフェ
・プレゼント内容
A賞 : セレモニー&オープニング作品『In the House(英題)』上映ご招待|5組10名
B賞 : フランス映画祭初となるクラシック作品『ローラ』上映ご招待|5組10名
C賞 : 『遭難者(仮)』/『女っ気なし(仮)』上映ご招待|5組10名
D賞 : 『Populaire(原題)』上映ご招待|5組10名
E賞 : トロワグロワイン|30名様




フランス月間!2013  WOWOWシネマにてオンエア!



/festival/2013/event/img/wowwow_logo.jpg

6月21日より開催される「フランス映画祭2013」にあわせ、WOWOWシネマならではの計31本のボリュームでフランス映画を特集!6つのテーマに分けて、貴重なTV初放送作も多数オンエア。ヌーヴェル・ヴァーグの旗手であるジャック・ロジエをはじめとし、フランスの香り漂う名作フィルムを、心ゆくまで楽しんでいただける、まさに「贅沢」な1ヶ月を思う存分、お楽しみください。

●放送期間 : 2013年 6月 9日(日)~21日(金)  *7月リピート放送予定
●詳しくはこちら≫ http://www.wowow.co.jp/movie/fr13/
*ご加入・お問い合わせは...0120-808-422 (9:00~21:00 年中無休 通話無料)


【ヒューマンストーリー編】 
1960年代を舞台に資産家とメイドたちの交流を描いたヒューマン・コメディ「屋根裏部屋のマリアたち」や、港町マルセイユを舞台に描かれる感動ドラマ「キリマンジャロの雪」など、フランス映画らしい人生の機微を綴った作品を特集!

『屋根裏部屋のマリアたち』
製作年:2010年
出演:ファブリス・ルキーニ、サンドリーヌ・キベルラン、ナタリア・ベルベケ、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ベルタ・オヘア
(c)Vendome Production-France2Cinema-SND All rights reserved.


【クロード・ルルーシュ編】
映画史上に残る圧巻のクライマックスが見所の「愛と哀しみのボレロ」、68年冬季オリンピックを舞台にしたドキュメンタリー「白い恋人たち」などフランス映画界きっての映像詩人、クロード・ルルーシュ監督作を特集!

【名優・名監督編】
アラン・ドロンが殺人者を演じるサスペンス「太陽が知っている」、ジェラール・ドパルデュー主演でクロード・シャブロル監督の遺作となった「刑事ベラミー」他、新旧の名優・名監督たちの作品を特集!

【フレンチ・ノワール編】
男たちの友情と裏切りに満ちた激動の人生を描いた「そして友よ、静かに死ね」、花の都パリのダークサイドを赤裸々に描写する「漆黒の闇で、パリに踊れ」など、新時代のフレンチ・ノワールを特集!

【ニュー・アクション編】
脱獄囚の主人公と連続殺人鬼、そして敏腕女性刑事の三つ巴の駆け引きが展開する「プレイ-獲物-」など、綿密に練られた脚本、緻密な伏線で魅せるストーリーが魅力のフランス製ノンストップ・アクションを特集!

【ジャック・ロジエ編】
青春映画の傑作「アデュー・フィリピーヌ」、ジャン=リュック・ゴダールの「軽蔑」の撮影現場を取材したドキュメンタリー「バルドー/ゴダール」など、ヌーヴェル・ヴァーグが生んだ伝説の映画監督ジャック・ロジエの特集!




20th アニバーサリー フランス映画祭 プログラムPDFダウンロード プレス お問い合わせ プライバシーポリシー