最強のふたり
Intouchables / ドラマ



わたしたちの宣戦布告
La Guerre est déclarée / ドラマ



A HAPPY EVENT(仮)
Un heureux événement / コメディ



美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう / 足立正生
Il se peut que la beauté ait renforcé notre résolution / Masao Adachi / ドキュメンタリー



プレイヤー
Les Infidèles / ドラマ



リヴィッド
Livide / ホラー



そして友よ、静かに死ね
Les Lyonnais / サスペンス・ドラマ



ミステリーズ・オブ・リスボン(仮)
Les Mystères de Lisbonne / ドラマ



スリープレス・ナイト
Nuit Blanche / アクション



愛について、ある土曜日の面会室
Qu'un seul tienne et les autres suivront / ドラマ



アーネストとセレスティーヌ
Ernest et Célestine / アニメーション





ビンぞこメガネ
Cul de bouteille / 短編



宇宙からの巨大怪物の襲撃
L'Attaque du monstre géant suceur de cerveaux de l'espace / 短編



ラスト・ワゴン
La Dernière Caravane / 短編



踏切警手
La Garde-barrière / 短編



人間運送
Porteur d'hommes / 短編



近日公開
Prochainement sur vos écrans / 短編







監督:ジュリアン・モーリー、アレクサンドル・バスティロ
出演:クロエ・クールー、フェリックス・モアティ、ジェレミー・カポーヌ、カトリーヌ・ジャコブ、クロエ・マルク、ベアトリス・ダル、マリー=クロード・ピエトラガラ
2011年/フランス/92分/DCP/カラー/1:2.35/ドルビーステレオ
配給:キングレコード
2012年9月8日よりシアターN渋谷ほか全国順次公開。
© 2011 LA FABRIQUE 2 / SND / PLUG EFFECTS / LA FERME PRODUCTION

リヴィッド

Livide / ホラー

世界を震撼させた衝撃作『屋敷女』から5年。ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロが贈る未体験の絶叫恐怖世界。



『ハイテンション』『マーターズ』など、世界のホラー・ムービーをリードするフレンチ・ホラーから、新たに世界を震撼させるホラー映画のマスター・ピースが誕生した。監督はデビュー作『屋敷女』の大ヒットで世界的フレンチ・ホラー・ブームの火付け役となった、ジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロ。監督2作目となる本作は、『ピラニア3D』編集のバクスターなど『屋敷女』のスタッフが再結集し、これまでの暴力路線からファンタスティック路線にシフトチェンジした、全く新しいタイプのホラーを作り上げている。ヴァンパイアの神話を現代的にアレンジし、幻想的で詩的な世界とヴァンパイアが引き起こす残酷描写という異なるものがミックスされた独特のホラー映画である。ホラー映画の名作『サスペリア』のオマージュも込められている。世界的ダンサーであるマリー=クロード・ピエトラガラをはじめ、カトリーヌ・ジャコブ、ベアトリス・ダルなど実力派女優陣や期待の若手女優クロエ・クールー等話題のキャストが出演している。




監督:
ジュリアン・モーリー
(写真:中央)
1977年生まれ。 いくつかのテレビシリーズのドキュメンタリーやミュージック・ビデオを監督した後、初の短編映画"Pedro","Shark Attack","Pizza Hunt"を自主制作・監督し、フランス国内の映画祭で出品し6つの賞を受賞。2007年にアレクサンドル・バスティロと『屋敷女』を共同監督し、長編監督デビュー。
アレクサンドル・バスティロ (写真:左上)
1975年生まれ。 映画とオーディオビジュアルの修士号取得後、映写技師として働いた後、ホラー映画・ファンを対象としたフランス・マッド・ムービーズ雑誌のジャーナリストとなる。2007年の『屋敷女』で脚本・監督デビュー。イタリア人監督ダリオ・アルジェントを崇拝している。

出演:カトリーヌ・ジャコブ (ウィルソン)
2010 「幻の薔薇」 アモス・ギタイ
2009 「テルマ、ルイーズ・エ・シャンタル」ブノワ・ペトレ
2007 「48 HEURES PAR JOUR」 カトリーヌ・カステル
2006 「LES HAUTS MURS」 クリスチャン・フォール
2005 「LES ARISTOS」 シャルロット・ド・ターキム
「DIKKENEK」 オリヴィエ・ヴァン・ホーフスタッド
2004 「QUARTIER V.I.P.」 ローラン・フィロード
「LA PREMIERE FOIS QUE J'AI EU 20 ANS」ロレーヌ・レヴィ
2003 「サイレント・ホスピタル」 ジル・マルシャン
2000 「J'AI FAIM」 フロランス・カンタン
1998 「LE COEUR A L'OUVRAGE」 ローラン・デュソ
「ミシェル」 パスカル・バイイ
1997 「QUE LA LUMIERE SOIT」 アーサー・ジョフ
1996 「XXL」 - アリエル・ゼトゥン
「MESSIEURS LES ENFANTS」ピエール・ブートロン
1995 「しあわせはどこに」 エティエンヌ・シャティリエ
「パトリス・ルコントの大喝采」 パトリス・ルコント
1993 「愛するための弟9賞」 パトリック・ブラウデ(セザール賞最優秀助演女優賞ノミネート)
「DIEU QUE LES FEMMES SONT AMOUREUSES」 マガリ・クレモン
「LES BRAQUEUSES」 ジャン=ポール・サロメ (コニャック映画祭特別審査員賞受賞)
1992 「LA SOIF DE L'OR」 ジェラール・ウーリー
「ブリジット/女が男を奪うとき」 マルーン・バグダディ
「BELLA VISTA」 アルフレッド・アリエス
1991 「さよならモンペール」 ジェラール・ロージエ
「メルシー・ラ・ヴィ」 ベルトラン・ブリエ
1990 「ダニエルばあちゃん」 エティエンヌ・シャティリエ
1989 「夫たち、妻たち、恋人たち」 パスカル・トマ
1988 「人生は長く静かな河」 エティエンヌ・シャティリエ(セザール賞有望若手女優賞受賞)
1987 「恋の病い」 ジャック・ドレー
1985 「LES NANAS」 アニック・ラノエ

出演:マリ=クロード・ピエトラガラ (ジェセル)
2003 「ラ・ピエトラ 愛を踊る女」 ジャック・コルタル
1987 「UNE ETOILE POUR l'EXEMPLE」 ドミニク・ドゥルーシュ

出演:クロエ・クールー (リュシー)
2009 「ゲンスブールと女たち」 ジョアン・スファール
2008 「LES PETITS PRINCES」 ガブリエル・ジュリアン・ラファリエール
2006 「LA TETE DE MAMAN」 カリーヌ・タルデュ
2005 「L'ECOLE POUR TOUS」 エリック・ロシャン

出演:クロエ・マルク (アナ)

出演:フェリックス・モアティ (ウィリアム)
2009 「LES INCROYABLES AVENTURES DE FUSION MAN」 (TV) グザヴィエ・ジャンとマリウス・ヴァル
「WEET DREAM」 (TV)  ジャン=フィリップ・アマール
2008 「LOL」リザ・アズエロ
1996 「TENDRE PIEGE」 (TV)  セルジュ・モアティ

出演:ジェレミー・カポーヌ (ベン)
2011 「SUMMER KNOWS 」(短編映画) ジャン・シーマン
「LE GRAND RESTAURANT 2」 (TV) ジェラール・プリチーノ
2010 「LE GRAND RESTAURANT 」(TV) ジェラール・プリチーノ
2009 「COMPLICES」 フレデリック・メルムー
2008 「LOL」 リザ・アズエロ

出演:ベアトリス・ダル (リュシーの母親)
2011 「NOTRE PARADIS」 ゲール・モレル
「BYE BYE BLONDIE」 ヴィルジニー・デパント
「JIMMY RIVIERE」 テディ・リュシー・モデスト
2010 「LE GRAND RESTAURANT 」(TV) ジェラール・プリチーノ
2009 「DOMAINE」 パトリック・シア
2008 「LES BUREAUX DE DIEU」 クレール・シモン
2007 「屋敷女」ジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロ
「裏切りの闇で眠れ」 フレデリック・シェンデルフェール
2006 「TÊTE D'OR」 ジル・ブランシャール
2005 「DANS TES RÊVES」 ドニ・ティボー
2004 「L'INTRUS」 クレール・ドニ
「LA PORTE DU SOLEIL」 ユスリー・ナスララ
「クリーン」 オリヴィエ・アサイヤス
「PROCESS」 C.S. リー
2003 「タイム・オブ・ザ・ウルフ」 ミヒャエル・ハネケ
2002 「17 FOIS CECILE CASSARD」 クリストフ・オノレ
2001 「H STORY」 諏訪 敦彦
「ガーゴイル」 クレール・ドニ
1999 「TONI」 フィロメーヌ・エスポジト
1997 「AL LIMITE」 エデュアルド・カンポイ
「ブラックアウト」 アベル・フェラーラ
1996 「L.S.D. LOVE, SEX & DRUG」 ヨランド・ゾーベルマン
「DESIRE」 ベルナール・ムラ
1994 「彼女たちの関係」 ディアーヌ・キュリス
「パリ、18区、夜。」 クレール・ドニ
1992 「ブリジット/女が男を奪うとき」 マルーン・バグダディ
「LA BELLE HISTOIRE」 クロード・ルルーシュ
1991 「ナイト・オン・ザ・プラネット」 ジム・ジャームッシュ
1990 「女の復讐」 ジャック・ドワイヨン
1989 「ボワ・ノワール/魅惑の館」 ジャック・ドレー
「シメール」 クレール・ドヴェール
1988 「サバス」 マルコ・ベロッキオ
1986 「ON A VOLE CHARLIE SPENCER!」 フランシス・ユステール
「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」 ジャン=ジャック・ベネックス